福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 06«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »08
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-06-26 (日) | 編集 |
    野田市の清水公園がコールドスポットだというので
    行ってきました。

    線量は公園全体を歩いてみて
    平均でだいたい 0.12μSv~0.17μSvくらい

    吹き溜まりと思われる
    地面においてみても 0.16μSvでした。

    というか、野田市役所のあたりから車中計測で
    かなり数値は低めでした。

    ちょっと家から遠いんですけど。

    安心の価値って、言葉よりも
    清水公園で確信できました。
    スポンサーサイト
    2011-06-25 (土) | 編集 |
    コメントにありました。
    私達は団結して声を上げる時です!と

    しかし、多くのママさんは、世間の目が気になって
    声を上げることをためらっているはず!

    そんなわけで、ブログの左側に投票ボックスを作ってみました^^
    このブログをみている「除染派」のパパさん・ママさん
    お子さんの通う幼稚園・保育園・小中学校に投票してくださいね。

    投票はコチラもしくはブログの左欄から直接できます。
    (無記名でOKです)
    ・選択肢に自分の子供の通う園や学校がなければご自由に追加してください。
    ・選択肢にすでにある場合は、投票をして1票増やしてください。


    まずは、お試しでやってみます。
    ぜひ、積極的に参加してみてください^^


    ※こーちゃんパパからのお願い
    こーちゃんパパは保育園の情報をさがしております。
    もしよろしければ、投票のさいにコメント欄に、その保育園の実際の活動ないようとか
    配布されたプリント類でみる、園の姿勢などの補足情報を書いて頂けると助かります。
    また、個人への誹謗中傷、あまりに過激な文言はつかわないように、
    気をつけてくださいね^^


    他にも、幼稚園、小学校などのコメントなどでも、給食はどうしてるとか
    牛乳はどうしてるとか、外遊びを気をつけてるとか
    そういう、付加情報がありましたらコメント部分に一言かいていただけると
    助かります。
    「7月1日に、同士は砂場の前に集合!」とかローカルなコメントでもいいですけどw

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    2011-06-24 (金) | 編集 |
    多くの方が震災後の福島の事故で被害者になりました。

    20mm まで大丈夫だという考え方
    1mm を超えては絶対ダメだという考え方
    農家を風評被害から守ろうと思う考え方
    子供を食物汚染から守ろうと思う考え方
    放射能汚染なんか知りたくなかったという気持ち
    これまでと同じように生活したい気持ち
    これまでと同じようになんか生活できないという気持ち
    空間線量だけでも下げたいという考え方
    内部被曝と空間線量のトータルで被曝制限をしたい考え方
    大袈裟だなぁと思う気持ち
    何でもっと危機意識をもたないの?という気持ち
    学校の給食は食材を選んで欲しいと思う気持ち
    学校にまで親のノイローゼを持ち込むな、と思う考え方
    子供を外で絶対に遊ばせたくないという考え方
    子供は、元気に外で遊んでこそ健康になるという考え方
    もう今はマスクをしなくていいと思う考え方
    マスクは必需品だと思う考え方

    人の数だけいろいろな思いが、交錯しています。
    その現実を突きつけられたのがホットスポットです。
    知らないだけでは、すまない現実

    その現実を目の当たりにしたとき
    人がとる行動は、1つではありません。
    それが多様性であり、それが他人です。
    夫婦であっても違います。
    親子であっても違います。

    でも、僕は思います。

    違いは違い、無理やりなくすものでも、無理やり排除するものでもない。
    違いは違いなんだから、それを認めて違いを乗り越えなければいけない。

    夫婦もそう、放射能の問題もそう

    世界を広げるっていうのはそういうことなんじゃないかな?って
    単に年齢だけ重ねればいいってもんじゃなくて
    許せることが実は大人になることだったりして。。。^^
    許すってのは許さないより難しいっていわれるんですけど
    それでも同じ被害者なんですよね、僕達は

    放射線に対するいろんな思い・考え方の違いを乗り越えて
    それでも1つになれる日がくるといいですね
    2011-06-22 (水) | 編集 |
    どうしても真実が知りたい。
    会社の人が、すごくいい情報をくれた。
    これは、さすがに嫁もしらないだろうと。
    家にかえって得意げに教える
    嫁「それ1週間前にツイッターで流れてたけど?」
    ・・・嫁はもしかすると柏でトップクラスの情報収集能力をもっているかもしれない。

    頭にきたので、自分なりにシナリオを追加して、ストーリー風に組み立ててみた。
    これでオリジナル記事のできあがり。


    すべての始まりは3号機の原子炉に穴があいた3月18日、
    海水注入などでむりやり水をいれて冷やし2日は持ちこたえた。
    しかし、人的ミスや建屋火災などで手間取っているうちに、
    再び状態は悪化、3月20日には再び格納容器の圧力は上昇した。

    このときの
    報道はベントをするかしないかというニュースばかり
    実際には下の図の緑の線(原子炉の外側:格納容器)と
    赤青の線(原子炉)の圧力のグラフは完全に連動しており。
    完全に穴が開き、原子炉から圧力がもれている状態だった。

    124.jpg

    穴が開いて、圧力が外にもれているのに原子炉の温度と圧力が再び急激に上昇し始めた20日の3号機。
    この変化は、放置するとその穴が高圧力でさらに広がって大量に外部に放射性物資がもれる危険性を示唆していた。

    政府は風向きのシュミレーションをした。
    確実に、その日の北風に乗って首都圏に放射性物質が飛散するシュミレーション結果だった。
    海水が効果をあげるわずかな期待にかけながら
    迫るタイムリミット。。。時間だけが過ぎてゆき、
    結局は、政府がみずからベントをするまでもなく圧力は自然と下がっていった。
    そう、手遅れになったのである。(上記図の赤いラインの部分)

    実際におきていたその最悪のシナリオとは、格納容器の破損であり
    のちにそれを証明するように、格納容器の圧力は外気圧と同じになる。

    そして21日の午前4時、、、高濃度の放射能雲(プルーム)が福島第一原発の上空に確認された。
    最悪なシュミレーション通りに、そのプルームは風にのりゆっくりと南下を始めた。。。
    114.jpg

    計測の高さや条件が違う為、同じレベルで確認はできないが
    傾向としてプルームの核が各測定ポイントを通過した記録から、茨城をかすめてどんどん南下していく様子がわかる。
    時速10km~20km プルームはどんどん南下していく。
    117.jpg

    21日早朝の風(プルームの移動ルート)の様子
    115.jpg

    そして、ホットスポットの原因となるもうひとつの要素、
    残酷にもプルームが東葛エリアに差し掛かったタイミングで上空から
    一気に降り注ぎ、大量の放射性物質を地表におとすことになる。
    116.jpg

    21日の0時~4時に発生した原子炉の破壊によって生まれた大量の放射性物質は
    風にのって朝の8時に東葛エリアに到達、たまたまそのときに上空からふりそそいだ雨
    120.jpg

    このときのプルームの通り道は、後に放射線の線量や土壌の調査である程度立証される。
    122.jpg
    55555.jpg


    そして、プルームの核となる部分は[茨城の南部=千葉北西=東京の北東]の間に幅広く降り注いだことが
    東京と茨城の調査で判明した。
    123.jpg
    こうして、ホットスポット柏は誕生した。

    まずはここから、見つめなおさないといけない。
    現状を受け入れるにしても、戦うにしても、ここが出発点なのだから。

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    2011-06-19 (日) | 編集 |
    まだやってなかったのか!といわれるかもしれませんが
    まだベランダの全部はやっていませんでした!

    ほんとはかなりのぐーたらさんなんです。

    でも今日やらないと家庭内でシェルターが必要になりそうだったので
    しぶしぶやりました。。。


    前回やったのはほんの一部!
    020_20110619155323.jpg

    ちりとりで汚染された落ち葉を集めます。
    021_20110619155322.jpg

    量がおおすぎて、結局手を使うことに。。。
    022_20110619155322.jpg

    端っこのほうまで細かくやれといわれます。
    023_20110619155321.jpg

    ブラシを変えてゴシゴシ、綺麗になりました。
    024_20110619155320.jpg


    ここでお掃除完了
    0.24μSv位あった線量がいくつになっているかは
    火曜日にわかります。


    今回大量にでた、この落ち葉。
    柏市は燃えるゴミで出していいっていってるんですけど
    ほんとにいいのかな?
    025_20110619155320.jpg
    多分、すごい線量なんじゃないか?

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。