福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-02-24 (金) | 編集 |
    シンポジウム、会場470名+ロビー等で492名でした。

    つなかしできて5ヶ月ですが最大の人数の方が着てくださいました。

    わざわさ寒い中を、除染をみんなでやろうよ、というとても難しいテーマにもかかわらず

    来て下さった皆様の思いは、やはり柏を、子供をまもらにゃ、という熱いものだったと思います。


    当日、僕はというと50人から良くて150人くらいかなーと思っていましたので
    ガチガチに緊張していました。

    子供ブースいれて500人近い人達が、ものすごい真剣な表情で聞いてくれました。

    僕は、このブログでもありましたが、幼稚園や保育園の除染されることを願い

    そして、チャレンジし、挫折し、いろいろ回り道をして、いろんな人と会話をし

    励ましてもらって、あの大舞台に立ちました。

    粘り強く前に進んできた思いもあるし、仲間もいます。

    僕の言葉1個1個は、このブログにコメントくれたみんなの一言一言です。

    僕は代弁したつもりです、言い出したくてもいえなかったお母さん達の気持ちを

    給食が不安、放射線が不安、情報が不安、積もる不安と逆に、それが言えない無言の圧力

    みんな、表では気にしていないふりをして、裸の王様にきれいな服ですねといい続けた。

    18日のシンポジウムで、僕は王様は裸だっていいました。

    みんなが本当は気がついているはずの、シンプルなこと

    自分の問題を自分で解決する、人に頼らずに自分で問題に立ち向かう。

    子供の問題を、大人が解決する。

    ということ、それに尽きると思います。


    そして、シンポの結果、どんどん成果をつなげていきます。

    民・公・学で動く!柏スタイルの放射線対策

    まさか集まっておわりなんてことにはしたくない。

    成果は、もう出始めています。

    なにより、一人ひとりに届いてくれて、動かないものが動き出した。

    最後は皆さんです、柏を変えることなんて誰にもできないと思いましたが

    僕たち一人ひとりができるんです。

    だからやりましょう!

    皆さんの変化を、力を貸してください。

    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。