福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 06«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »08
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-07-02 (月) | 編集 |
    これまでのつなかしの インタビュー系の動画をまとめてみました。
    放射線のことや、除染などの知識を勉強する 「知識編」はわんわん情報局に
    実際にその知識を除染に使って結果を出す 「実践編」はワンワン隊のブログにあります。

    免許をとるときに教習所でよく言われました。知識と実践は車の両輪だと

    でもそれだけじゃ足りないと思いませんか?


    僕は、どのような事であれ、最後に全てを左右するのは「人」だと思っています。

    柏市の話ではありませんが、【国をみて人を見ない】ような除染計画や除染、発言や行動を耳にするたびに思うことがあります。

    何億円の国家予算をつけようとも
    どれほど、最優先!最優先と言おうとも
    そこに住む人を思い、悩みを本当に共有し、絶対にやりきろう!と思っていなければ
    ”住む人に必要とされる”放射線対策なんかぜっっっったいに出来ない。



    そういう意味で、柏市の放射線対策室のメンバーは愚直に黙々とやるべきことをしてくれているし
    意見だってちゃんと聞いて反映してくれていると思います。
    国ではなく市民に近い放射線対策であってくれてよかったと思います。

    放射線対策を直接担当する対策室の「人となり」「思い」というのは
    僕らだけでなくても、皆さんにとってにとってものすごく大事なので、
    その人となり、考え方を知ってもらいたいと思いました。

    顔の見える行政とはいうものの
    40万人もいる柏市のどれだけの人が、放射線対策をしている対策室の人を知る機会があるのか?
    って考えるとそんなに機会はないはずです。

    なので、僕が変わりに対策室のメンバーの方にインタビューをしてきました。
    本当に市民にとって真摯に、真正面から放射線対策に向き合ってくれているのかどうかは
    この動画をみて、それぞれで感じ取ってもらいたいです。

    人の思いは言葉やその表情から伝わるものだと思ったので、インタビューは動画にしました。


    第3弾:それ、柳川さんに聞いてみよう!

    ※悩むよりまず行動に移す人です。いつも除染作業してるので市役所では会えません^^。
    今回は柏駅前の除染作業の後に時間を作ってもらってインタビューできました※

    第2弾:それ、野口さんに聞いてみよう!

    ※対策室の中でも異色の?情報発信を担当されている方です。
    仕事が早くて即座にいろんな手配とか調整をしてくれます。そして対策室唯一のママさん※

    第1弾:それ、松澤さんに聞いてみよう! [ 親として / 根戸の件 ]

    ※対策室の中でも頼れる行動派のパパさんです。結構難しい判断も市民の目線でしてくれる人です※

    第1弾:それ、松澤さんに聞いてみよう![ 新参者 / ビジョン / 焼却灰 ]
    ※インタビュー中に、草木は燃えるゴミで出せますとありますが。7月から変更になっていますので
    ご注意下さい。草木はわけて別の日に出すようになりました。



    第1弾:それ、松澤さんに聞いてみよう! [ ストロンチウム / 本気度(真偽) ]


    第1弾:それ、松澤さんに聞いてみよう! [ 除染計画の弱み / エンディング ]



    そして7月下旬に公開のインタビュー企画 最終回は
    それにふさわしい超大物が登場します。お楽しみに。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。