福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 09«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »11
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-07-10 (日) | 編集 |
    完全に素人的な考えですけど。。。

    今、汚染から4ヶ月くらいたちました。
    市場に出荷されてる野菜はこんな感じだと思います。

    ①空から降り注いだ放射能が野菜の表面に付着

    STEP00.jpg

    ②放射能付の野菜が出荷されて市場に出回る。
    STEP02.jpg

    ③次に作付けした野菜には放射能はもうつかない
    STEP3.jpg

    ということはないでしょうか?

    土には放射性物質はのこってますよね?
    そこからどれくらいの物質が葉物野菜にとりこまれるか?っていうはなしですが、

    移行係数ってのが重要だっておしえてもらいました。

    そこで1つのブログをご紹介したいとおもいます。
    放射性セシウムQ&A 第3回  
    土壌から野菜への放射性物質の移行はほとんどありえない


    ただ、この人のブログには他にも見て、考えさせられる記事がたくさんありました。
    あんたの家の庭にも降った。子供の遊ぶ校庭にも降った。
    オレらの畑にも降った。一緒の運命だべ。
    だからがんばって一緒に放射能を減らしていきましょう!


    放射線のことだって、僕のブログよりわかりやすく書いてる。
    早川由紀夫教授の放射性物質飛散図の衝撃

    結論としては、
    放射線の問題は結局は土に行き着く

    そして、その土に最も詳しいのが
    今回の件で最も被害を受けている農家の方なんだってことです。

    知人の農家の方も、コメントいただいているやまさんも
    このブログの農家の方も、やっぱり思いがあって農業されていますので
    そのご意見はとても参考になります。

    僕の葉物野菜の安全基準は
    今市場にでまわっているものが1サイクルするまでは
    検査済みか西日本のものでリスクを回避する。

    そんで2サイクル目の野菜は、移行係数を元に品目で判断する。
    という考え方にしたらどうかと思います。

    根菜とか、土の中の養分をセシウムごと吸収してしまいそうなものは。。。
    やっぱり土の入れ替えをしないと危ないと素人目にはおもってしまいます。

    この辺、どなたか詳しい方にご教授いただきたいです。

    そして、柏の放射線を何とかしたいさんの記事にあった
    スーパーの「熊本・埼玉産」というような混合表示のマジックの件を
    確かめに、近くのスーパーにいってきました。
    過去の僕の記事に関連のものがあります、記事はコチラ


    今日の調査結果は大丈夫でした。
    いったスーパーでは産地は(東日本で)1本化されてました。(だめでしょ。。その1本化は)

    「続きを読む」で
    IMG_0004.jpg

    IMG_0005.jpg

    IMG_0006.jpg 

    大人と男の人にはまったく問題ないですが
    子供に食事を作って食べさせているお母さんからすると
    少しなやみますよね。
    やはりあと少しの間だけ、産地をもう少し幅広く持たせてほしいです。
    スーパーの経営者様、ぜひご検討よろしくお願いいたします。

    どの野菜も全部大丈夫だとわかっていても。。。
    実際に買い物かごに入れるときになると
    政府や自治体への不信感がそのまま消費の現場に影を落としている気がします。
    この信用の失墜からくる消費意欲の減衰こそが政府が自分で言っている風評被害なのではないでしょうか?


    これは、あくまで僕個人の感想です。
    事実なのかどうなのかは、調査の上で正しく判断しましょう。

    先ほどの農家の方も、今付着しているもの以外は 大丈夫だときちんと説明してくれています。

    結局全部最初のうちだけ気をつけるっていう鉄則が当てはまってるんじゃないのだろうか
    3月中は政府の言うことなんか信じないで、家の換気とか外出を控えた人が勝ち
    今も政府の言うことなんか信じないで、少しの間野菜選びを慎重にした人が勝ち

    結局6ヶ月もすれば、どちらも対策がされて安全。

    10年後に泣き寝入りをするのは、純真に政府を信じた人だけ
    そういうことなんじゃないかと思えてきた。。。

    正しく知って、正しく恐れ、正しく安心したい。。。
    スポンサーサイト
    コメント:
    この記事へのコメント:
    今は
    アブラナ科とバラ科 (お茶や梅)が多めに出てますね。
    だんだん深くなると根菜類になるのでしょうか?
    ナス科には少ないと聞きました。
    一番気をつけないといけないのは年齢にかかわらずこれから子供を産む女性ですね。
    卵細胞は産まれる前から体内にあって、DNAが傷つくと治らないとか。
    チェルノブイリの子供は3〜12歳くらいが一番被害が大きかったそうです。
    2011/07/10(日) 20:31:13 | URL | paru #-[ 編集]
    Re: 今は
    そうなんですねー
    僕が記事で葉物としたのは、今は葉物が危ない
    少しすると根菜が危ない

    そして今は肉からセシウムがでました。
    調べたら、牛は栃木と北海道に大量に移動されています。

    食物連鎖での時間差と人為的動物の移動によるばらつき
    本当に厄介な問題じゃないです?
    しかも牛さんは11頭くらいいて1頭しか検査しなかったですよね。
    これで、11頭全部から検出されなかったら、
    すり抜けてるグループがあるっていってるようなものですよね。。。コワイ

    放射線はDNAを傷つけるだけで、痕跡を残さない
    これは内部被曝を調べる話のときにしらべました。
    記事にする機会があればちゃんと知りたいです。
    2011/07/10(日) 20:56:59 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    家畜
    牛は24都道府県に移動しています。
    トレーサビリティでどこまでわかるのでしょうか?
    http://www.asahi.com/national/update/0509/TKY201105090199.html
    豚も鶏も全国に行ってます。
    一番出所不明なのは加工品かなぁ?
    とんこつスープとか、ビーフエキスとか。
    ストロンチウムは骨に溜まりやすいといいますから、家畜の骨にも?
    飼料には魚粉や貝殻も使うところがあります。

    2011/07/10(日) 22:00:33 | URL | paru #dl8.WT02[ 編集]
    Re: 家畜
    まじすか!!!
    -----------------------------------
    農水省は、主に繁殖用雌牛が対象となる移動について、全都道府県に受け入れの可否を打診。畜産地帯の北海道や鹿児島県を始め、東京都や大阪府なども含めて24都道府県が可能と返答した。公営牧場が中心だった。受け入れの条件は買い取りや預託など様々だが、総計で1万頭を超えたという。
    -----------------------------------
    全国いってるじゃないですか。。。

    オーウ!USビーフ安い・まずい・安心の外国産^^
    Oh!オージービーフ安くて・普通・安心の外国産^^
    No! 国産ビーフ、高くて・うまいがたまに危険^^
    なんてことにならなければいいんですけど

    ストロンチウムは検査に消極的かも
    それには、やっぱりマジックがあるらしいです。
    2011/07/10(日) 22:33:38 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    No title
    移行係数は、農水省も出していますし、
    チェルノブイリのデータもあるし、色々ありますが、
    サンプル少なくて正直わかりません。

    傾向としては果実には少ないが種には多い、
    葉や茎や根は大差なく移行しているということみたいです。
    (ナス科でもジャガイモが高めなのですが、ジャガイモは茎です)

    自分は基準値も検査方法もおかしいと思っているので、
    平常時の10bq以下を目指したいなと思っています。
    今思うのが、土ボコリです。例え除染しても、すぐ周りから
    舞ってきて戻ってしまうのではないか、そのくらいのとてつもない
    量なはずなんですよね。

    子供向けだったら少なくともワンサイクル、1年は様子見ます。
    あとは2年後にセシウムが減るかどうか。
    汚泥の拡散もありますが、全体としては遠くの地域は
    綺麗でしょうから、やはりそちらを選びます。

    牛もそうですが、流通もすごい話したくさんありますね。
    一番ありそうなのが、出荷停止の物は冷凍庫に保管して、
    解除になったら出すというシンプルな方法。
    混ぜて数値下げれば引っかかることもないですしね。
    ストロンチウムは時間かかって検査結果が出ることには
    出回ってるということになっちゃうらしいですね。
    出荷前にサンプリングでもして欲しいところです。
    2011/07/11(月) 00:28:50 | URL | やま #-[ 編集]
    やまさんへ
    やはり、僕のうわべだけの記事より筋がとおってるし、
    正しい知識でのご意見だと重みもちがいますね。

    僕も1年をサイクルにして今後考えてみようと思いました。
    確かに東日本でない土地の野菜は、なんというか
    根本原因がないから、安全という担保がとれますもんね。
    ここ1年が重要だっていう記事を書こうとおもいました。

    冷凍保管の件も、ありえそうでこわいです。
    昔コンビニの弁当つくってたときに、作りすぎた弁当は
    最後の薬味だけとって「未完成品」にして冷凍庫にいれて
    あとで薬味だけ乗っけた日を「製造日」にして出荷して調整してました。
    流通ってほんとに怖いです。

    ストロンチウムは、ホールボディーカウンターに反応しないそうで
    内部被曝してからだとわからない、だから計測しないそうです。
    間違って食べようが、影響出るのは10年後ですからね。
    骨に蓄積するというのは、そういうことらしいです。。
    2011/07/11(月) 08:34:42 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    No title
    なるほど、ストロンチウムはそういうのがあるんですね。
    大変勉強になりました。
    ところで、メールは届きましたでしょうか?
    2011/07/11(月) 23:04:31 | URL | やま #-[ 編集]
    Re: No title
    はい、宮古島の個別配送チラシですよね。
    とどきましたよー

    食のネタの記事と一緒にご紹介しますね^^
    2011/07/12(火) 00:56:19 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。