福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 09«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »11
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-05-18 (水) | 編集 |
    いや、尊敬する武田教授
    最近は記事の内容に重複が多く過激派のような発言もちらほら。。。
    感謝:もっとわかりやすく書いてよ! = 100000:1
    ぐらいですけど。
    でもね、僕ら正しい情報をわかりやすく知りたいの。
    子供の為に妥協せずがんばりますよ。
    誰もやってくれそうにないので、自分でやります。
    武田さんのだけじゃなくて、他の皆様のブログの情報も統合してきます。


    ・放射性物質は花粉のようなもの、空気中をふわふわ
      ⇒地面や床につもっているので念入りに掃除をすること!
      ⇒粒子は意外と粗いので、実はマスクで吸入を防げます
      ⇒ただしGW明けぐらいから、空気中を漂う放射性物質はかなり減少
      ⇒今後は土(吹き溜まり、雨どいの下)や海産物からの汚染に注意、

    ・放射線はその粒からでてる光線
      ⇒木造住宅や軽量鉄骨の家(壁:モルタル)じゃなんら防げません
      ⇒屋内と屋外の違いがあるとすれば、放射能の粒が積もっているかいないかの差

    ・ホウ酸を3号機に入れてるのは逆に言うと再臨界(核爆発)の可能性があるから
      ⇒ホウ酸は中性子を吸収、核爆発のときにでる。
      ⇒ただし、臨界がおきても規模は小さいから逃げなくてOK

    ・福島原発の核分裂反応は現在は止まっている。

    ・急性放射能障害は200mSv/hから、今のところ最大でも現場の作業員が150mSv/h
     急性=「直ちに」となり、実際に直ちに影響はないという言葉は間違ってはいない。

    ・放射能はどんな小さな値でも蓄積し、それが規定値を超えると慢性放射能障害となる。
      ⇒急性障害の可能性は低いが、慢性障害の可能性はかなり高い

    ・政府(親会社) >> 保安院(子会社) >> 東電(孫受け会社) >>協力会社(部品)

    ・大事なのは原発からの距離ではなく、舞いあがった放射能を地表に落とす雨の動向

    ・政府は事故当初、1回あたりの放射線量、1時間あたりの放射線量、
     1年間での放射線量など、単位をうやむやに発表して国民を無理やり安心させていた

    ・1年間に1mmSvが世界的も日本的にもずっと参考にされてきた危険と安全のしきい値
      ⇒法律で正式に定められている値。
      ⇒政府はそれを無視して20mmという新基準を作っている

    ・子供は成人より3~10倍は放射線に感度が高い。だからより注意しなければいけない

    ・風評被害は隠蔽にはじまり、公表に終わる

    ・ヨウ素など半減期を過ぎるものはとっくに過ぎた。
     今の放射線量の元凶はセシウムなど半減期の長いものである

    ・格納容器の中の圧力は70気圧なければいけないが
     地震の翌日9気圧になって外気と同じになった。
      ⇒翌日にはもう漏れているのが判明していた。
      ⇒官直人は、この状態の原発を視察して「問題なかった」と記者会見をした。

    ・中性子がウラン235にあたり、それが割れてヨウ素131が発生する。
      ⇒つまり再臨界していないとヨウ素131はでないが、政府は絶対認めない

    ・セシウム137番、30年、男は筋肉があるので広く分布する。
      ⇒女は子宮や乳腺にたまってしまう。
      ⇒ヨウ素は髪の毛から吸収されやすい

    最後オマケ
    数値でみると、地震の翌日くらいから穴あいて気圧さがってるんですね。
    知ってたんですね、東電さん。。。
    kak.jpg

    ホットスポット柏の出来上がる過程を載せておきます。右が雨による落下です。


    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。