福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 07«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »09
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-07-31 (日) | 編集 |
    日本は震災時、世界から賞賛されました。

    暴動がおきなかったから。

    でも見えてない部分で実は大きな変化もありました。

    それはモラルハザードです。

    あまりの非常事態で、命や財産を守るために、日本人は「冷静さ」は犠牲にしなかった。
    しかし、見えないところで「モラル」は犠牲にしたのです。

    ①危険なことを「危険」と言いたくないが為に「直ちに問題は無い」という言葉を作ったり
    ②多数の被曝の危険を知りながらSPEEDIを公開しなかったり、
    ③メルトダウンを知りながら発表が3ヶ月後だったり
    ④ネットの情報を「単なるデマ」で押さえ込もうとしたり
    ⑤保障対応できない食材を安全という為に、安全基準を変更したり
    ⑥避難させられない子供の為に、避難基準をゆるくして安全宣言したり
    ⑦国民から集めた税金を国民の監視の為につかったり
    ⑧原発の危険を監視する保安院が原発推進のやらせ問題に関与したり

    これらは全て、モラルハザードのなせる業です。

    間違いは誰でも起こします。

    問題は、その間違いを起こしてしまった後に
    どう自分で責任を見つめ、反省し、行動するか?
    が人の本質をみる機会です。

    テレビで見るお偉いさんは、どうしてますか?
    ①の後にも②を続け、③を続け、④を続け、、、⑧を続け

    政権交代の時に管さんは、
    最初の100日はハネムーンとおっしゃっていました。
    まだまだ与党に不慣れだから最初の100日は多めに見てね、ということでした。
    もうハネムーン3回分くらいの期間が過ぎましたね。

    菅さん!
    民主党との離婚届はどうやって出したらいいんですか?

    8月7日に出しにいけばいいですか?
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    No title
    政党別というよりも、今後の原発政策をどういう方向に持っていこうと考えてらっしゃるのか個々の方々の意見を聞いた上で判断する必要があると思います。現政権には人と食品に対する放射性物質暫定値の引き下げを段階的にでもすぐやっていただきたいと考えています。
    東大児玉教授の「チェルノブイリ膀胱炎」です。
    http://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/23804_355_360.pdf
    2011/07/31(日) 11:50:30 | URL | QP #-[ 編集]
    QPさんへ
    児玉教授のチェルノブイリの話をきいたら
    なんだかマトモに柏にすんでられなくなりそうでしたが。。。

    でも今は選挙に気を引き締めて向かっていこうと思います。

    やれるだけのことはやる

    それで何もしない自治体でだらだら被曝をしなきゃいけなくなったときは
    そのときは引越しも考えないといけないですよね。
    2011/08/01(月) 01:00:28 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    難しい問題ですよね
    政府、官僚、地方自治体とそれぞれ利権が絡んでいて難しいですよね。
    管首相が原発慎重派だからさらなる原発事故が起こらずに現状の被害に留まってますが、容認派になったら原発再開かつネット規制強化が進みそうなので恐いです。
    パパさんみたいにやれることをやっていれば、今、行政が無関心であっても少しずつ変えていけるのではないかと思っています。
    また、しばらく放射線量の低いところで生活しながら、今後の放射線量の変化の様子をみて戻ってこられるのもいいのではと思います。いろいろと負担がかかってくるので、それぞれのご判断になりますが。あくまで個人的意見です。
    2011/08/01(月) 12:11:21 | URL | QP #-[ 編集]
    朗報!除染の専門家被災地派遣検討
    朗報です。除染の専門家を被災地に派遣を検討_首相
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110801-OYT1T00479.htm
    今朝のモーニングバードでも「児玉先生の渾身の訴え」を取り上げてました。
    国民の声が今後も届いていってほしいですね。
    2011/08/01(月) 19:56:02 | URL | QP #-[ 編集]
    Re: 難しい問題ですよね
    結局のところ、みんなの努力で大停電もなく7月が終わりましたね。

    ほとんどの原発は今も停止したままですが、それでも7月は乗り越えました。

    電気はいつでもそこにあるもの⇒大事に使うもの へとかわりました。

    原発は必要不可欠⇒原発が全てではない
    となってきているようにおもいます。

    国民がエネルギー政策を全ての観点で多角的に捉えられるようになるまで
    今は時間があるので、再開の機運が起こる前に僕たちが勉強する時間だと思ってます。
    まぁ、あまりに原発に関わる数値に嘘がおおかったので、ということは原発神話は虚構だと知りましたけど。
    2011/08/02(火) 00:11:59 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    Re: 朗報!除染の専門家被災地派遣検討
    最近、一切の党内融和を捨て一人の人間になってしまった管さんが
    なんでもありで身軽にうごいてますよね。

    多くの仲間を作る過程でがんじがらめになっていた
    ニュートラル民主党は、実は何もできなかった。
    そして、一人ぼっちの総理になった今、やりたいことができるようになった。

    皮肉なものです。

    最近の総理の行動は、支持できるもの(人気取りとしても)がありますよね。
    ぎゃくに海江田とか国民を国民の税金で監視する発想のやつらはいらないと思っています。
    2011/08/02(火) 00:14:37 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。