福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 06«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »08
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-08-06 (土) | 編集 |
    コメントをいただいたものをご紹介いたします

    公園管理課に問い合わせてみたのですが、自治会などの単位で公園のボランティア除染は可能みたいです。ただ、除去した土の処分の事などもあるので、相談してもらって共同で・・・といったような回答でした。

    それから、公園で1μ/時を超える個所があれば、市民からの通報で除染してくれるそうです。まぁ、超える場所のみで公園全体は除染できないそうですが。(^^;)


    ①柏市の公園管理課と連携すれば、市民参加のボランティアでの除染が可能(自治会から申請?)
    ②1μSv/h 以上の公園は市による除染が可能
    とのことです。
    柏の多くが1μSv/h以下の公園だと思うのですが、これまでは除染を待っていても
    なかなか除染されない状況だったと思います。
    僕達がずっと住んでいく街、子供が過ごしていく街
    であれば僕はボランティアをして線量を下げれるのであればこんなに直接的な解決策はないと思います。

    柏市の公園は、市と市民がボランティアで除染していく。
    この気持ちを全員が持ち、この公園除染ボランティアの動きを広げていくことが
    次の明確なアクションだと思いました。

    例えば3月11日からちょうど6ヶ月後の9月11日は日曜日です。
    この日を除染の日のターゲットにして広く市民ボランティアを募ってもらって
    (広報かしわなどに掲載をしてもらう、市のHPに掲載してもらう、ネットとTwitterで情報拡散する、町に張り紙をする)
    多くの市民の力+市の力で除染をする+除染をする意思を確認する。といいと思います。

    そうすれば、自治体と市民のわだかまりも解消されますし、未来に希望が持てます。

    このブログをお読みの方は、多くが小さなお子さんに関係のある方、本気で放射線の問題を心配されている方が多いと思います。

    福島の例をみていると、国が強く介在している&線量が異常に高いことから
    除染の主体が政府や公的機関だったりすることがあります。
    しかし、千葉・茨城などはおそらくそのモデルは適応されないかもしれません。

    柏市にいたっては、市長と市民が同じ方向を向いていないように思います。

    柏市長・柏市役所のみなさん。
    市民は、自治体と一緒に、協力して
    除染をしたいです。
    過去の方向性の違いを乗り越えて
    一緒に除染をしませんか?


    日を定めて、ボランティアの募集をしてくれませんか?
    参加しますし、このブログでもご紹介させていただきます。

    単純に「柏市はいいところです」だけでは人の転出は回避できないでしょう。
    「柏市は大きな問題もあったけど、市民と自治体が協力して解決した」
    とすれば、今後別の問題があっても大丈夫だと思えます。

    焼却灰の問題、スマートシティへの予算配分の問題など緊急・重要なものがある中で
    この放射線への取り組みも、市民と自治体の距離を縮める「善政」として検討いただけませんでしょうか

    最後に柏市を変えるのは、武田教授でも児玉教授でもなく
    このブログを見てくれている1人1人の市民の人と、自治体柏市の人です。

    スコップ1本でこの将来にわたる憂鬱を晴らせるなら、こんなにいいことはありません。
    よろしくお願いいたします。

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2011/08/06(土) 16:28:46 | | #[ 編集]
    秘コメさんへ
    一部いただいたコメントはとても重要で核心をついていると思いますので
    その部分を掲載させていただきました。

    =================================================
    市の公園管理課に一度でいいのでボランティアを広く募って公園の除染をしてもらえないか、とお願いしましたが、町内会の会長さんを紹介していただくだけにとどまりました。

    公園管理課にボランティアを募集して、その指揮をとってもらうことは難しいと感じました。結局はご自身の町内会または子供会で近隣の公園を除染するよう自分で町内会・子供会なり公園の除染に手を貸してくれるNPOなりに働きかけるしかないと思います。
    線量が高い公園は市でも重機を入れての公園の土の天地返しを検討、公園の各所を計測して線量の高い部分(毎時1マイクロ以上)を除染、側溝の泥上げを計画しているようですが、全部の公園にすぐに対処してもらえるか分りません。側溝の泥上げは個人では難しいにしても、ご自身が利用している公園の除染はご自身でボランティアを募り地道に行うしかないのではないでしょうか。

    除染によって出たごみ(落ち葉などの可燃ごみ)は連絡すれば市で持って行ってくれます。削った土は公園の隅にセシウムが漏れないようにまとめて埋めて、いずれ処分(東電引き取り?)という感じのようです。土の処分についてはまだ決定ではないようですが。
    公園の除染は現段階では全面的に市に頼るのは難しいと感じましたので、側溝の泥上げなどは市にお願いするにしても、市民が使う場所は市民が率先して対策に乗り出すしかないと思います。市の対応をいつまでも待ち、市がやってくれないと不平不満を述べている方々が多いように感じます。自分たちの町なのですから自分たちでなんとかすればいいではないですか?数値を測るだけ測ってブログに投稿し、市や市長は何もしないと批判するより、通学路などで危険な場所があれば、子供たちが近づかないように危険な場所のマップを作って学校なり町内会、子供会で周知させればいいではないですか。あるいは地主の方にお願いして立ち入り禁止にするとか方法はいろいろあると思います。
    秋になりセシウムが吸着したかもしれない落ち葉が大量に出てきます。公園の土に帰る前に土とともに除去したいです。一度除染したからといって数値が下がるかどうかまだわかりません。長い戦いなのだと思います。全て市に頼るのは限界があるように思います。住環境は市民が率先してできることをし、市民ができないことを行政に手助けしてもらうくらいの気持ちではないといけないのではないでしょうか。主体は市民です。
    =================================================

    既に公園の除染をボランティアで活動されていて、そして自治体の腰の重さから結局は「最初は自治体」ではなく、「最初は自分達で」出来る範囲からやっていくしかないという結論に至られたのだと思います。
    批判や心配するよりも「行動ありき」で行動されているのはすばらしいと思います。

    ボランティア呼びかけですが、嫁さんが実名を出すことを嫌がっているので、実名を出さないで出来る呼びかけの方法を検討してみます。。。

    市役所とだけ個人的に連絡をとってボランティアを募集する活動を支援して、そこに自分も参加する方法を考えました。ただもしコメントの通り、「自治体はサポート。自治会が主体」というのであれば自治体をつなげるアプローチをしないといけないですね。。。頓挫しないように継続してがんばってみます。

    コメントいただいて探してみたら、松戸は既に市民主体の会ができてました。
    http://matsudomt.exblog.jp/12913451/
    松戸スコップ隊ってのがあるようです。
    2011/08/07(日) 14:18:38 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2011/08/08(月) 23:11:26 | | #[ 編集]
    No title
    こんにちは。毎日こちらのブログを拝見させていただいています。
    前向きな情報配信、ありがとうございます。とても励まされます。
    松戸市のように、柏市も市民の手で、少しでも放射線量を下げられるよう
    変えていきたいですね。
    ボランティア除染の際には絶対に参加します。どうか、市民の切実な思い
    を柏市も共に共有し実行してくれますように。
    2011/08/09(火) 00:34:26 | URL | みきはる #-[ 編集]
    二児の母さんへ

    > 本日、保育園にて放射能測定を市役所の方がやっておりました。その中に、東京大学の放射線を研究している「飯本武志」先生という方がおられました。たまたま先生から声をかけられ、自分が今感じている心配なことを伝えました。この先生は、柏の放射能問題にとても関心を持っており、どうにかしなくてはならないと具体的に提案を行政に対して行っているそうです。

    情報ありがとうございました。
    市民で実践する除染指針が、たしかみくに幼稚園の園長さんのツイッターでありました。
    いま知りたいのは、実際に柏で除染するときの方法論ですよね。
    柏市は焼却灰の問題も抱えているので、汚染土の処理方法など決めて
    それで管理課で合意してもらわないといけないとか、汚染のレベルの高い地域の特定だとおもいます。

    ボランティアは登録制でメール会員などにして、特定個人の利権やへんな思惑がはいらないように
    公的機関かPOに適切に情報管理してもらわないとダメなんだと思っています。
    2011/08/09(火) 09:10:54 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    みきはるさんへ
    目下最大のポイントは、柏市の公園管理課の方との連携だとおもっています。
    コメントいただいた情報ですと、どうも
    「いやいや。自治会でどうぞどうぞ」
    「いやいや、自治体でどうぞどうぞ」
    とリーダーを譲り合っているように見えますので
    そこで新しくリーダーシップをとるボランティアの団体が必要なんだと思います。

    これを働きかけて募集してもらうところまでは
    がんばってみようと思います。
    実際自分で交渉するまでは感触わからないのでやってみますね。
    2011/08/09(火) 09:15:31 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    No title
    山林、農地など広大な場所は難しいでしょうけど、
    せめて生活圏は綺麗にしたいですね。
    農地も何も植えていない時、緑肥作物でも植えれば
    土埃が飛ばなくていいのですが。
    放射能と切り離して、住宅地に土埃が飛んでくるっていう
    クレームが付くとまた違うんでしょうけどね。
    秋に収穫後の田んぼで籾殻燃やすのも問題になりそうです。
    2011/08/10(水) 01:52:24 | URL | やま #-[ 編集]
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2011/08/11(木) 22:38:40 | | #[ 編集]
    Re: ありがとうございます。
    そうです、今のところ自治体は対話や理解の姿勢もしめしていますが。。。
    議事録みるかぎり、すぐに何か変わるとも思えません。

    いい園の実名公開、公園除染ボランティア、安全食材スーパー、柏行動指針、柏除染マニュアル
    などできることは全力で僕らがやらないとだめですよね。

    コストパフォーマンスが悪いとかいう理由で人命がないがしろにされるとは
    思いませんでした。
    2011/08/12(金) 09:37:19 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。