福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 09«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »11
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-09-11 (日) | 編集 |
    除染の為にその①

    定期的にやってるまとめ記事、だんだん簡素になってきましたw
    (まちがってたら指摘くださいね)

    3月21日、プルームが上空にくる⇒そのさらに上空から雨が降る⇒柏に落ちる
    ベランダにも落ちる、校庭にも落ちる。庭にも落ちる、風にのって換気していた家の中にも入る。
    (ちなみに黄色いのは家のつもり、汚染源4が積もってるところは屋根:絵心についてのご指摘は受け付けておりません

    000000.jpg

    だから3月21日から今まで1回も家の中やベランダを掃除していない人は
    家の掃除をがんばると効果がある。
    原子1個の大きさは花粉30μm:セシウム0.0006μm で大きさ違うけど、セシウムは単体で浮遊してない。大量にセシウム同士で合体するか埃・チリや花粉、果ては黄砂など、何かに吸着して浮遊してくる。だからある程度の大きさとみていい。自然界では、葉っぱによく吸着するので掃除は出来る。
    道路の目よりも細かいのでデッキブラシより高圧洗浄機で掃除したほうがいいけど、水をかけながらやれば効果はある。

    毎日家の中・ベランダ・家の前の道路を掃除をしまくっている人で、ある程度から放射線の値がぜんぜん下がらない場合がある。
    そういう人は、家の屋根とかもう少し広い範囲の道路、極端に言うと隣の家の屋根とかもやらないと
    完全に0にはならない、放射能は実は自分の家1軒だけの問題ではなくて地域の問題
    111111.jpg
    ガンマ線は空気中を10m~100m進む、水の中を12cm進む、土を7cm通り抜ける。
    コンクリ・家などの遮蔽物である程度は遮蔽できる。
    (ガイガーで反応のでるベータ線は1m単位でおおきく減衰する)

    放射線は3種類、アルファ線は今のところ柏にはないと信じ。。。てる。
    現実的に一番危険なのはガンマ線。といわれてる。
    アルファ線もベータ線も体内に入ってしまえば、尿や母乳で核種みるくらいしかない。
    食べ物系はそれでもいいけど、空気から取り込んで肺にはいったらわからない。
    333333.jpg

    多くの人が持っている庶民ガイガーカウンターはガンマ線だけでなく、ベータ線にも反応しちゃう

    ・なんでガイガーカウンターにベータ線が反応したらいけないの?
    ①庶民ガイガーカウンターにベータ線当てると、実際より2倍以上高い数値がでるから。
    ②科学的な発ガンとか危険データはガンマ線でデータ収集されてるから。

    ・じゃなんで、ベータ線込みでみんな計測しちゃってるの?
    ①みんなと同じ計測方法だから、柏市内の汚染分布の傾向がわかるから
    ②セシウムはベータ線もガンマ線も両方出す。急激に数m単位で数値が上がるところを拾えば数m内にセシウムの本体がいる。セシウム郡の居場所を特定して効率的に除染するには、ベータ線での反応が役に立つ。

    ・じゃあ公開されてる数値は当てにならないの?
    ①市役所の高級ガイガーカウンターとか、一部のセレブガイガーカウンターはガンマ線だけ計測して数値を出すから、それは信用できる。(個人ガイガーの計測値が役所に無視されるのは、そのせい)

    除染を効率よくするには?
    ①エリアでみた汚染状況を把握(キロ単位)
    ②除染対象区域の汚染特徴を把握、家が多いとか草が多いとかだだっ広い校庭とか(10メートル単位)
    ③除染場所の汚染源の濃淡を把握、汚染源の場所をある程度特定しておく(1メートル単位)
    ④ベータ線も計測しながら、その部分の汚染を確実に低減する(セシウム量をとにかく減らす)
    ⑤集めた放射性物質が、草木や土などの処理困難物であれば土嚢袋などにいれて土中に埋める。7cm以上の土を上からかぶせる。

    例えば除染を何もしなかったらどうなるの?
    ①半減期2年~30年なので自然には消えない
    ②土の中に年間で1cm~5cm程度沈降。いずれは地下水に合流する。
    ③土壌で放置しておくと大豆やじゃがいもなどの根菜類、植物の根から吸着されて2次汚染を生む
    ④屋根・アスファルトのものなどは、雨などで下水などに流れ込んで、汚泥処理施設に汚染が集中する。
    ⑤減衰率以上に自然現象はある。ただ場所が移動しているだけ。場所が特定できるうちに処理することが今後10年の安心の為にはトータルでいい。放置すると形を変えて戻ってくる。ずっと心配して生きるのは良くない。
    (地下水、焼却灰のコンクリート、腐葉土、土中の野菜など)

    ガンマ線の遮蔽などについて、詳しく書いてくれている人がいた。
    詳しく勉強したい人だけ「続きを読む」のところで


    引用はコチラからさせていただきました。
    http://kcua.ac.jp/~fujiwara/nuclear/air_dose.html

    γ線のエネルギーが 0.5 MeV (メガ電子ボルト) 前後の領域では,
    γ線は「コンプトン散乱」という形で電子と衝突する。コンプトン散乱の確率は,
    γ線のエネルギーや物質にはあまりよらず,電子の数で決まることが知られている。
    すなわち,減衰長は物質中の電子の数密度に反比例する。
    ところで,電子の数密度は物質の質量密度にほぼ比例する (水素を除いて,電子の数は分子量のほぼ半分) ので,
    減衰長は物質の質量密度 (=質量/体積,記号 ρ で表す) にほぼ反比例することになる。
    したがって,減衰長に質量密度を掛けたもの ( ρ×l = ρ/μ ) は,あまり物質によらない量になる。
    これを「質量減衰長」という。長さに質量密度を掛けた量なので,kg/m2 または g/cm2 という単位を持っている。
    下の図は,空気と水の質量減衰長を,γ線のエネルギーの関数としてグラフで表したものだ
    (出典は Tables of X-Ray Mass Attenuation Coefficients)。水と空気で1割程度しか差がないことがわかる。
    この質量減衰長を物質の質量密度(水: 1 g/cm3, 0℃の空気: 1.29×10-3 g/cm3, 25℃の空気: 1.18×10-3 g/cm3)で割ると
    減衰長 (単位は cm) が出てくる。たとえばセシウム137から出るγ線のエネルギーは 0.66 MeV (メガ電子ボルト)だ。
    このエネルギーに対する水の質量減衰長は ρ/μ = 11.7 g/cm2 なので,これを水の密度で割って l = 1/μ = 11.7 cm,
    すなわちγ線は水中を平均 12 cm ほど走ることがわかる。空気の質量減衰長は ρ/μ = 13.0 g/cm2 なので,
    これを空気の密度で割って,減衰長は約 100 m (0℃) ~ 約 110 m (25℃) であることがわかる。
    また,図にはないが,土の質量減衰長も空気とほとんど同じはずなので ρ/μ = 13 g/cm2 として,
    これを土の密度(湿った土で 1.8 g/cm3 くらい?)で割ると,γ線は土中を 7 cm ほど走ることがわかる。

    この積分は,残念ながら簡単な式では書けない。下のグラフは,(4) を数値積分で求め,測定点の高さ h の関数として表したものだ。 γ線の強さは,p を単位としている。これが,問題になった測定点の高さによる測定値の違いを説明するグラフだ。 1 m と 10 m では2倍以上の差が出ることがわかる。
    高いところほど数値が小さく出るのは,どう理解したらいいか?それは,高いところで測ると,測定値に大きく寄与する,まぶしく輝く遠方の地面が,空気による減衰で見えなくなるためだ。もともとの地面の明るさは,(2) 式からわかるように角度 θ で決まる。たとえば θ=89° (水平方向から 1° 下向き) は,測定点の高さの約 57 倍の場所に当たる。 1 m の高さだと,1° 下向きは 57 m 先にあたり地面はまぶしく見えているが,10 m の高さになると 1° 下は 570 m も先になるので空気による減衰で見えないのだ (図2参照)。

    じっさいには,たとえばビルの屋上で測ると屋上に積もった放射性物質からのγ線もあるので,計算の通りにはならないだろう。測定点の近くに建物などがあるときは,それが遠くの地面からのγ線を遮蔽する効果もある。地面が土でできていて,放射性物質が地中に何cmかしみこんでいるときは,斜め方向に出るγ線に対して地面自体の遮蔽が効くので,遠方があまり明るくならない。また,測定点が地面に近いと,地面の凹凸のために遠方が見えなくなるので,計算ほど測定値が高くならないかもしれない。各地の線量率を比較するときは,できるだけ建物などの遮蔽の影響がないところで,地面からの高さや地面の種類(土かコンクリートか芝生か)を統一して測定することがたいせつだろう。
    スポンサーサイト
    コメント:
    この記事へのコメント:
    Re: 今日はありがとうございました!
    いえいえ、私も本来は教員になりたかったのと
    父がもう長いこと柏日体で教鞭をとっていたことから
    私個人は、父の同僚であったろう教員組合さんとお話できたことは
    非常に感慨深かったです。
    教職員の側が、除染に取り組み乗り出してくれることは
    保護者としてこれはとても嬉しいアクションですよね?

    聞きましたら、やはり父もこの教員組合に参加してたみたいで
    今は引退してしまった父に変わり、父の同僚の為になにかお役に立てるのであれば
    私もまた嬉しく思います。

    身体は1つですが、TakeActionを実行していきたいと思います。
    本日はありがとうございました。
    2011/09/11(日) 19:23:24 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    Re: !!!
    はい、大体長いこと教員をしていると入るんじゃないでしょうかね。
    嘘のないまじめな方々でしたよ。私の知っている限り。

    もちろん除染を早急にやらないといけませんね。
    柏市との話し合いは今のところそんなに時間をとられていないので
    しっかり両方がんばります!
    2011/09/12(月) 09:46:15 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。