福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 09«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »11
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-09-25 (日) | 編集 |
    こないだ
    ウチをこんなにしやがった落ち葉(というか台風)
    001_20110925201835.jpg

    本来落ちる時期じゃないのに、もうオチまくってる。
    これも。。。放射能だらけなのかなぁ、と心配になる

    で、一通り掃除して集めたやつの上にガイガー乗っけて
    10分くらい計測したのですが、ほとんど家のバックグラウンドと同じ値
    000_20110925201835.jpg
    どうも、
    落ち葉の線量が異常にたかいというのは
    ウチでは今のとこあてはまらない


    うーん。。。落ち葉は本当に危険なのか?少し疑問になってきた。
    少なくとも全部の落ち葉が危険ってことじゃないらしい。

    そんで今日は近くの公園にいってみて落ち葉を拾ってみた。
    竹ぼうきが必須だった。あれがないと何もできない。

    落ち葉だからってわけじゃないかもしれないけど、
    やっぱりいろいろかき集めると少し線量高い傾向

    公園は広いね、絶望的に広い。
    できる範囲でちょこちょこやってくしかないね。
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    落ち葉
    落ち葉に放射能がよそうより着いてなくてよかったです。

    3月21日以降に生えた葉も多いだろうし、3月21日に生えていた葉がすでにかなりの量が落ちていたのでしょう。
    2011/09/25(日) 22:12:59 | URL | toki #-[ 編集]
    Re: 落ち葉
    はい、さくらなどはその時、花見シーズンで花をさかせてましたからね。
    5月にはえた葉っぱについてる訳ないですもんね。落ち葉全部を怖がるのではなく、特定の物だけ気を付ければいいんですよね。
    2011/09/26(月) 10:41:24 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    落ち葉
    お茶の木を抜いて部位ごとに検査したというのをどこかで読みましたが、ソースが手元にありません(^_^;)
    全体に同じ汚染濃度ではありませんでした。

    昨日縄文時代から続く焼畑農業で暮らす九州のお婆さんの番組をやっていました。
    30年ごとに場所を変え山を焼くそうですが、ナラやブナなど落葉樹主体の森で、杉林ではありません。
    落葉樹は秋に葉から幹に栄養素を戻して溜め込むと言ってました。
    木は切り倒して山を焼きますが、切り株からはまた芽が出るので4年間作物を作ってあとはまた30年自然にしておけば元に戻るそうです。
    セシウムも栄養素と思って溜め込むのかも?と思ってしまいました。
    葉っぱは栄養がなくていらないから落ちるのだろうし。
    ナウシカの世界みたいに浄化してくれるのかも?
    2011/09/26(月) 12:05:56 | URL | paru #-[ 編集]
    Re: 落ち葉
    自然のメカニズムはむずかしいですね。

    確かに葉っぱにくっつきやすい種類とかありそうですし
    葉っぱをこわがるにしても、ちゃんと特定してからですよね。

    ただ落ち葉のありそうな場所というのが線量が高いので
    子供達に教育しないと、「落ち葉は安全」という言葉だけが
    先行してしまってもそれがあだになりますしね。

    王蟲とはすなわち、地震や津波のことだったのでしょうか。
    2011/09/27(火) 01:44:31 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    No title
    こーちゃんパパさんの話題にそれる内容ですみません。
    小学校の除染作業に参加して抱いた感想なんですが、
    表土除去したグランドに新しい土をかぶせること予定とかはあるのでしょうか?
    単に表土除去するよりも、表土除去した分新しい土を被せる(たとえば3㎝削ったら3cm新たな土をグランドに敷く)ほうがより効果的かと思うのですが・・・
    こーチャンパパさんはどう思われますか?
    2011/09/27(火) 09:16:56 | URL | #-[ 編集]
    Re: No title
    僕の経験からだと

    汚染土を埋める為の穴を掘った時にでた赤土をかぶせたところがあります
    でも、その後で雨がふったらなんと流れてしまったという話も聞きました。

    結局、削った後に何もしないとグランドラインがさがってしまうし
    かぶせたとしても、その上から塩化カルシウムなどをまいて点圧しないと
    固まらずに流れてしまうという問題があるそうです。

    土はベータ線を遮蔽します(7cm程度?)だから土をかぶせることに意味はあるのですが
    現実的に「汚染されてない土が関東のどこにあるのか?」というところや
    ただ削るだけなら素人でもできるけど、土をもって点圧となると業者の力が必要というので
    費用面が大きくかわってしまうことがあるとおもいます。

    なので、僕のみてきた園や学校はほとんどといっていいほど、削るのみの対応になっています。
    2011/09/27(火) 21:48:37 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。