福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 03«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »05
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-10-01 (土) | 編集 |
    明日は、柏西口第一公園で
    東葛飾市民集会が行われます。

    時間は 14:00 - 15:30 くらいが集会
    そのあと駅にむかってパレードしておわり
    というものです。

    場所はこちらです。
    場所

    同時に、除染をするっていう柏市民ボランティアがないので
    僕の方で募集して立ち上げをしてみようと考えています。

    放射能問題に近道はなし

    僕らもあと半年くらいは市民参加の除染に取り組んで、
    市に期待するだけではなく、体も動かしていきましょう。
    本当に子供の為に除染を望む1市民です。
    やっぱりここは僕と同じようにパパさんの出番じゃないですかー?^^

    思いを、行動につなげよう
    ママさんはもっと堂々と除染の声をあげてほしい。
    パパさんは1回でもいいので除染ボランティアを手伝って欲しい。

    もうここまできたらやるっきゃない!ですよね^^
    五小の近くのマックもOPENしました!ここ中心に活動してくよていです(なんの断りもなく)

    それで、ココまで来て子供への思いの他に何がいるんだ?ということですが
    多くの方がこのブログをごらんになっていると思うので
    政治や宗教などに関係した自分の考え方を書いておきますね。

    今回の集会ですが
    特定の政党がどうとか思いはあると思いますが、
    それは「子供を中心に考えていない」邪念です。
    まっすぐに子供を思う気持ちがたくさん集まれば
    いろんなジャンルの人がそこにはいて、見方一つでどうにでも分類できるでしょう。

    子供は政治をしますか?放射能は政治をしますか?
    他に同じ様な集まりでも、活動でもあればそこにいきますし
    1歩でも前に進むなら、どこであれいい政党じゃないですか。

    そういう的外れな時間をすっきり捨てて
    まっすぐにゴール目指しましょう。

    僕でよかったらだれでもぜひ利用してください。
    スポンサーサイト
    コメント:
    この記事へのコメント:
    がれき焼却による放射能拡散について
    http://sorakuma.com/2011/08/30/3057
    ガンダーセン博士:がれき焼却による放射能拡散について(追記)

    東京都の瓦礫の焼却によって柏の除染した場所がまた汚染されます
    2011/10/01(土) 21:13:21 | URL | ガンダーセン #-[ 編集]
    Re: がれき焼却による放射能拡散について
    日本政府は、瓦礫であれ何であれ、1キロあたり
    8000ベクレル以下の放射能であれば、その焼却を現在許可しています。

    これがどういうことかというと、瓦礫約1キロあたり
    毎秒8000核分裂(崩壊)が起こるという意味です。
    そして日本政府は、その焼却を現在許可しているのです。
    アメリカでは、その瓦礫は『放射性廃棄物』とみなされます。
    そして何千年もの間、地下深くへ埋められていなくてはなりません。
    しかし日本では、8000ベクレル/kg以下であれば、
    日本政府がこれを焼却することを許可している…。

    それだけではなく、これはもっと私が当惑しているのですが、
    彼らは混ぜ合わせることを許可している…つまり、
    もしあるサンプルが24000ベクレル/kgであるとして、
    他の2つが放射能汚染のないものであれば、
    日本ではこれら3つを混ぜ、平均して8000ベクレル/kgにする。
    そして焼却が許される、ということになります。

    このことは、多くの深刻な波及問題を含みます。
    まず第一に、基本的にそれは福島原発から出た放射能であり、
    それが今地上に積もっています。
    それが再び空気中に浮遊することになります。

    時間と手間をかけて、その周りの街や、付近の学校、
    除染されたはずの学校の校庭までもが、
    そのような瓦礫の焼却により、再びセシウムが堆積していっています。

    ですから、放射能汚染されたがれきの焼却を許すことは、
    基本的に福島事故をまた最初から全部繰り返してることになるのです。
    せっかく地面に堆積した放射能を、再び空気中へ送り込んでいるのです。

    これはかなり核心をついてますね。
    この問題は真剣に捉える必要があるとよくわかりました。

    情報ありがとうございます。
    少し時間かけて調査して見解を記事にもしてまとめたいと思います。
    2011/10/01(土) 23:29:17 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    No title
    そうですね、燃やす量の規定がないだけに大変です。
    2011/10/03(月) 05:08:47 | URL | やま #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。