福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 09«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »11
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-10-04 (火) | 編集 |
    ココ掘れワンワン隊 活動ブログ準備しております。



    柏の子供達を放射能汚染から守る会 が活動を休止されるようです。
    以下、私の「守る会」に対する想いです(守る会にコメントしました)


    本当にお疲れ様でした。
    逆風の時代から、今の除染を堂々と口にできる時代まで
    大きく柏の風向きを変えることに貢献され
    そして多くの現状に関心を持つ親を生み、ひいては子供の為になったと考えています。

    希望の光が絶えないように、遅れて参戦した私も精一杯がんばっていこうとおもいます。

    もとより「誰かやるだろう」「誰かやってるからいいや」で同じ放射能を気にする親でありながら見殺しにしてきたのは私自信ですので、子供を思う気持ちを同じくして、そして行動に移していこうと思います。

    本当にお疲れ様でした。
    そして本当にありがとうございました。
    妻ともども深く深く会の活動に感謝しております。


    ミドユーさんやpinoさんと一緒に、本当に最後はいろいろ考えていました。
    ターニングポイントになったのが、柏市が8月に各園に通達した除染指示で

    線量は下がらなかったが、お母さん達の不安は大きく低下させた

    ということで「活動したことの充足感」が線量の変化に対する目線をそらしました。

    広報かしわでは、線量の実際に大きく下がった園をとりあげているように思います
    (実際にボランティアで回った経験から)

    しかし、線量は満足に下がっていないか、
    一部しかできなかったから一部しか下がっていない
    のが現状であり、継続してやっていくことが重要だと
    園・校庭の除染を1回でもしたことがある人なら、
    誰でも感じていることだと思います。


    だから今後も除染は継続していきます。
    市への除染の働きかけも継続していきます。
    ボランティアで各園や学校のお手伝いをしていきます。

    やったテイで子供が守れるなら、いいですが
    実際には何も柏の子供達の危険度は変わっていません。
    僕も自分でも信じられない位の力で活動しています。
    めげそうになっても、へこんでも、力を与えてくれる存在があります

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ

    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    No title
    おはようございます。

    10/2の市民集会に出席できずごめんなさい。

    こーちゃんパパさん達の深い思いは、皆に伝わっていると思います。

    幼稚園、学校、に除染しろと言うだけで何の除染に対する指導をしない市にやはり怒りを感じます。

    どこに、何をどうしたらいいのか誰にどこまで頼むのか・・・学校や
    先生も勝手にはできません。
    (だから、中途半端な呼びかけしか学校はできない!!)

    市民でやるのにも、市から学校に、どこまでの除染を数値で示さないとなあなあになってしまいます。
    放射線量がきちんと下がって初めて除染が出来たと言える!

    学校や園は市からの支持があれば動く訳なのだから、きちんと全ての学校や園が平等に能率よく除染するように通達すべき、安全と言い切れないのなら、市民みんなで除染しようと発令すべきだと思います。

    みんなでやれば、早く除染できるのに、ごみゼロ運動みたいに放射線ゼロ運動して欲しい。

    みんな、私や主人も含め日々の生活に追われていて、色々疲れていて
    家の掃除も面倒くさいのに、その上で除染する訳なのだから大変だと思うけど、できる範囲でもやり続ける事が大切だと思っています。

    大した事もできてなく心苦しくもあり・・・でもここでこーちゃんパパさんや
    皆さんのコメントなどを見て気持ちが萎えないように頑張ります。
    2011/10/04(火) 10:24:22 | URL | クレア #-[ 編集]
    除染
    まずは狙いを定めて決めた幼稚園の測定を毎日やって実績をつくったらどうでしょうか?

    β線も測れる物で滑り台の下などどこが汚染がひどいか徹底的に。

    除染はあせらず屋内の除染をまずがんばってください

    教室などは掃除の延長で出来るはずです

    掃除のときはN95マスク以上のものとゴーグルをして行ってください

    そうした防護が徹底できないと参加者も増えないと思います

    2011/10/04(火) 21:52:50 | URL | ガンダーセン #-[ 編集]
    Re: No title
    今年のゴミゼロ運動の日に、本当は放射能ゼロの日にしてほしかったですよね。

    やはり数値目標は大事ですよね、日本語は目標には向かないです。

    僕は一人でも実は大丈夫なんです、この背中を見て欲しいのは市であり行政であるからです。

    だから、無理なく自然にコツコツみんなでやっていきたい。

    きっと通じます、きっと動かせます。

    あきらめるまでは、終わりじゃない。

    2011/10/04(火) 22:33:12 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    Re: 除染
    ある保育園や幼稚園にしぼって、実験的にやって線量低下の傾向を実績として積み重ねていくのは説得力ありますよね。
    既にこれまでいける保育園や学校はスケジュールの許す限り
    全部言ってボランティアお手伝いしておりますが、どこか1個に絞るのがむずかしそうですw

    今後も同じで、基本的にはひとりでも二人でも、
    仲間の数によらずやるべきことを強い意志で継続してきたいです。
    結果を出せるとき、出せないときがあります。
    しかしそれも、アクションの結果として得た経験ですよね。

    だんだん、コツも覚えました、どうすると線量がさがるのか
    やる人間の限界との兼ね合いも覚えて、上手に考えられるようになりました。

    これまでは、放射線防護に力をいれていなかったので
    あつまってやる今後に向けて、放射線対策室と連携してやっていこうと思います。

    放射線防護をちゃんとするのは、ボランティアをしてくれるパパさんだけでなく
    そのパパさんを待っているママさんの安心につながりますからね。
    2011/10/04(火) 22:47:40 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。