福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 04«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »06
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-05-21 (土) | 編集 |
    えっと、、、お待たせしました。柏駅東口の測定データです。
    事実は事実でしかありませんが、一応少し配慮しています。
    (3.8μシーベルト/h までは公的には問題ないという値ですけど。。。)

    [計測方法]
    柏市内徒歩ゆっくり 
    地上1m固定 
    ベータ線対策でアルミホイルを一応まいてる
    放射性物質対策で袋の中に入れたまま計測
    異常に高い値が出たときは、その場で再度2回計測
    機器による値のバラツキサンプルも乗せます。(ヒストグラム用)

    サンプルとして、同じ場所でずっと計測してみた結果が以下です。
    平均を黄色で色分けしてあります。
    この機器の計測値のばらける具合をみていると
    3回連続で似たような値を検出した場合は、それがその場所の平均値である可能性が高いです。
    サンプル

    上記の機器の特性から、異常値と思われる部分では3回計測
    ただ、0.45をこえるものは都内や家の近くの5時間のデータから0件なので
    明らかに機器異常ではない原因(放射線の)があると思われます。
    計測値

    柏駅東口徒歩

    16号沿い①
    0.39_2_16号

    16号沿い②
    0.39_16号

    6丁目バス停
    6丁目バス停_0.21

    イタ飯屋
    サイゼ_0.36

    そごう外
    そごう外_0.39

    そごう中
    そごう中_0.06

    スーツ屋さん
    あおき014

    0.45病院近く
    45.jpg

    0.56法務局-旧ガスト
    56.jpg

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    土壌中の放射性セシウム
    放射線の測定お疲れ様です。
    私は大学施設の知り合いに頼んでゲルマニウム半導体検出器で
    このあたりの土壌中の放射線セシウムを測定してみていますが、
    柏市内では新柏から名戸ヶ谷にかけて特に高い値を示しています。
    もう少しその周辺を測ってみる予定ですが、放射線測定も行ってみて
    ください。特に名戸ヶ谷小学校周辺が高い結果となっています。
    2011/05/21(土) 18:32:07 | URL | 丘のイルカ #oHgf6lUA[ 編集]
    名戸ヶ谷小学校
    丘のイルカさんへ
    やっぱりセシウムですよね。。。

    車で行くことがあったらその近くの線量計測してみます。
    放射性物質がここ数週間俟ってないと仮定すると
    実際の線量の犯人はセシウムなど半減期の長いものだとおもわれますので直接セシウムはかれるのはうらやましいですね。

    ありがとうございます。
    2011/05/21(土) 19:36:42 | URL | こーちゃんぱぱ #-[ 編集]
    No title
    調査、ありがとうございます。
    かなり高いところがありますね、、。
    2011/05/21(土) 20:44:19 | URL | えび #EBUSheBA[ 編集]
    測定値
    えびさん、
    はい、実際に高いですよね。
    東京都内や茨城県南(取手の一部)よりも高かったりして驚きです。
    でも、記述したとおり測定器にはばらつきがあるので
    1-2回のデータだけでなく、粘り強く計測を続けないとですよね。

    柏・松戸放射線分布さんのブログにも、武田教授のブログにも
    高い放射線の部分が動くことに関して記事があります。

    これからもできるだけ継続して
    信頼できるデータをあつめられたらいいなーと思います。
    2011/05/21(土) 20:50:51 | URL | こーちゃんぱぱ #-[ 編集]
    3月21日の降雨が原因
    柏、松戸、流山などがなぜホットスポットになっているかは、3月21日から23日ころまでに降った雨が原因です。千葉県や東京都測定の塵や雨降下物中の131ヨウ素、134,137セシウムの測定結果を見ても明らかです。http://ftp.jaist.ac.jp/pub/emergency/monitoring.tokyo-eiken.go.jp/monitoring/f-past_data.html
    21日は福島第1原発上空にある濃い放射性物質が風向きがこちらに向かったのと同時に雨が降ったことが局地的な汚染を引き起こしたと考えられます。これは武田教授が引用している群馬大の早川由起夫教授の火山ブログでも紹介されている移流拡散シミュレータ「gradi」http://www.kfcr.jp/gradi.htmlで説明できます。この地区にホットスポットが出現される様子が確認できます。
    放射性セシウムは土に降下すると表土付近で強く保持される性質を持っていますから、表面の土を除かない限り、特に半減期30年の137セシウムはずっとそこに留まることになり、土壌表面から放射線を発するとともに土埃から内部被曝を引き起こします。土との親和性はかなり強く、表土の1~2cm位にほとんどが残ります。地中深くへは浸透しません。
    ですから、上下の土を置換する方法は有効な方法となるものと思われます。千葉県の降下物測定データを3月18日から5月18日までを積算してみますと測定点である千葉県市原市岩崎西では放射性セシウムは合計9399.1ベクレル/㎡降ったことがわかります。これは1キログラム当たりに換算すると125~470ベクレルになります。柏、松戸、流山ではこの値の10倍以上の値が出ています。
    2011/05/21(土) 21:40:41 | URL | 丘のイルカ #-[ 編集]
    名戸ヶ谷小いってきました。
    ちょいちょい高めですね。

    ただ全体的にではなくて
    交差点のあたりがヤバイ感じでしたね。

    別途記事かきまーす。
    2011/05/21(土) 23:10:59 | URL | こーちゃんぱぱ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。