福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 05«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »07
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-11-19 (土) | 編集 |
    自治体は、お金ではなく、人なんです。
    ということ。
    人がいなければ、いくら立派な箱物をつくっても
    いくら立派な街を作っても、意味はないと思います。
    そこに気がついて、柏市は動いてくれた。

    除染・放射線対策という人の為の政策を最重要視してくれた決断なので
    まずは1にも2にも、すごいことだと思う。

    東京新聞の記事

    費用対効果、都市開発などの観点だけで
    お金の話をしていては到底気にされることのない
    住民の健康、安全や安心という分野に
    目を向けてくれたことは、僕達ホットスポットの親としては
    本当にうれしい決断だと思います。

    問題はその使い方でもあり
    市民が納得できる「効果」をちゃんともたらしてくれるように
    お金を投じる決断の次は、本気で効果的な除染、放射線対策を
    しっかり考えてもらって、線量をさげて欲しいと思います。

    おそらく柏市行政だけで広い柏をカバーできないのはこれからも同じだと思います。
    決断をしてくれたのであれば、僕達もできることでこれからも協力して
    柏市全体で効果がでて、本当の安心が取り戻せるようにがんばろうと思います。

    お金は最初の関門
    計画が次の関門
    行動がそのまた次の関門
    最後の難関は「未来につながる柏」という関門

    まだ道は半ばですが
    あとはやるだけ。ともいえなくはないです。

    市民一人一人が変わって、アクションを起こしてがんばっていれば
    いつか市にも伝わると信じてやってきたことです
    だから、ここで安心することなく4つ目の関門を突破するまで
    走りきろうと思います。

    まずは、ありがとう!

    震災はおきてしまったけど、
    市と市民で放射線と向き合って、それを乗り越えましょう。
    スポンサーサイト

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。