福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 06«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »08
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-11-25 (金) | 編集 |
    本当にありがとうございます。

    いろんな方が入れ替わりで、あの巨大な公園の計測を手伝ってくれた。
    すごく暖かかったし、励まされました。

    一人じゃない!って嬉しいし、
    それに既に柏は動き出してる。未来に。
    大事な希望の火種を消さないように、今しばらくお付き合いくださいね^^


    いろんなすごい機械が投入されていました。
    100万円位するものや、値段のつかない自作のすごいやつ

    でも、一番高いと思ったのは
    増尾城址に来てくれた皆さんの気持ちです。

    計測隊の隊長さんたちの前日までの絶望感やご心痛を考えると
    想像に易いのですが、責任感と同じ重さの重圧
    いつもはクールな計測隊の方が、珍しく悩まれていたように見えました。

    23日、そんな気持ちで迎えた朝でしたが
    いろんな人、来てくれました。
    黙々と膨大な公園を本当にすみからすみまで
    使用する市民の目線で、心配の目線で、マイクロスポットを探し
    土壌をみて、地形をみて、木の隙間を見て
    使う側の僕らの手で、ちゃんと計測をしてきました。

    まずは、お礼申し上げます。

    その後、タウンミーティングへ。
    どちらかというと、しゃべり場のような感じでした。
    除染の前に、相互理解の第一ラウンド、言いたいことを言うという
    そういう感じでした。
    なぜ今、やるべきときに批判なんだぁーと思いましたが

    子供笑うな来た道だ、老人笑うな行く道だ
    ということわざがあります。

    少し前は僕もそうだったんです、確かにそうだったと思いました。
    このタウンミーティングをするのが少し遅かったのでしょう。
    でも思いがあれば、いずれ僕達のようにベクトルを前に向けて
    強力な僕らの仲間となってくれる、一緒にやってくれる人がいると思います。
    未来のワンワン隊の皆様、僕達はまってます!

    その後、武田教授や岩上安身さんの講演会に行きました。
    そのあとの2次会にも呼んで頂いて、武田さんや岩上さんのお話を聞きました。
    (武田さん、岩上さんのまん前に座らせて頂き、すごく場違いな感じでしたが。。。)
    スポンサーサイト

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。