福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 09«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »11
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-01-07 (土) | 編集 |
    1月14日は小豆川先生と押川先生の講演会です。
    そのあと同じ14日に公民館でつなかし新年会キックオフをしようかと思っています。

    15日には広報かしわに掲載してもらえるそうです。
    記事にも書きましたが15日のNHKスペシャルでも5秒くらい放送されます。

    1月28日目処に、今年最初の除染を計画中
    2月からの除染ボランティアは、本気で柏市全体の除染をやろうよキャンペーンにつながる除染の方法〈アドバイザー育成)をしていって、理想ではなく思いを現実にしていく動きをします。
    理想を理想で終わらせる為にはじめたわけではなく、ちゃんと柏を震災前以上に安全で素敵な街にする為に計画もしっかり立てて、がんばろうと思います。

    2月になったら、一度タウンミーティングの続きみたいなシンポジウムをやってもらいたく、これはつなかしも一緒に計画して、そして多くの「やろうとは思うんだけど。どうしたらいいの?」という人にもう少しだけ具体的に考えられるような材料を集めていきたいと思うんです。

    1月の講演会の企画が即効で満席になってしまったので、3月も「わかりやすい講演会」というテーマで企画を考えています。

    多分、特措法でも民有地までは除染できないはず、でもそこで柏市にはあきらめて欲しくなくて、今やっとどこの市よりも前向きに考えてくれている柏市だからこそ、原点の「金はなくてもできることがある」というところに立ち返って、除染のマニュアルとか除染相談員(アドバイザー)の配置とかでその姿勢を見せて欲しい。
    僕達ワンワン隊は、ずっとボランティア(無料)でやってきたから、お金をかけずにやることのノウハウとできること、できないことの線引きができています。
    だから、そこはノウハウを市に使って欲しい。
    情報なんかただです。共有して初めて価値がでるものです。

    計測隊もすごい進展がありそうです、わかりやすい地図を一生懸命書いてくれた副代表さんや計測隊の隊長の努力が、みんなへの生きた情報という形で伝わる日が来るかもしれません。

    おしゃべり場も、前回満員だったので、人の気持ちのつながりとドライにあれこれやるんじゃなくて、ちゃんと人間をみた企画をしたいと思います。それができてるから、疎開した人や立場や考えの違う人とも、つかなしはつながりを持てているのだと思います。

    食についても同様で、何が安全なの?どういう数値が危険なの?という知るところから、柏市への提言やアイデアを出すことをどんどん続けて、片方で円卓会議さんなどとも連携して農家の方の視点、考えかたを知り、「知るべきを知っている」という前提は持ちながら活動していく方向だと思います。

    情報局は、一番忙しいかもしれません。
    去年はネガティブなニュースが多かった柏市ですが、レイソルの優勝や市長さんの反省からの本気を受けて状況が変わり、いいニュースが増えてきました。
    いろんなメディアでホットスポットといわれ、食い物にされた分だけ、柏にすんでいる、住み続けなきゃいけない住民の気持ちをとらえてくれた正しい報道はされなかったのを、今年は変えて
    住民だからこそ、前向きにこの問題に取り組んでいこうと決めて、そして乗り越えていくところを、そういう姿勢こそを報道して欲しいとおもうのです。
    最近、首都圏でも、この前向きなアクションは注目されています。
    柏市民は、ただでは負けない。転んでもただではおきないというのをしっかり伝える為に
    情報局はとっても大事だと思います。

    そんな感じで、今年は逆転の2012年。去年の分もそっくり倍にして
    子育てを安心してできる、それが目に見える柏市になってもらう為に
    自分達も行動をしていこうと考えています。

    一緒につながろう柏!明るい未来プロジェクトをやってくれる方は、一緒に楽しくやりましょう!
    変えていきましょう、1歩1歩確実に。
    スポンサーサイト

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。