福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 09«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »11
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-01-26 (木) | 編集 |
    僕の思いとしては、自分のこれからの行動も含めて柏が安心して住める街になっていく
    そういうロードマップを描けていますし、そしてそれは動き出しています。
    だから、このGOALを1日でも2日でも前倒して確実に達成するために

    柏全体で放射線対策を盛り上げて、みんなに一瞬でもいいので当事者意識を持って欲しいのです。

    自分の家に放射能降ってきた。
    だけど自分は当然関係ない、誰かやるべき人がいるはずだ。
    そこ(まったく正論ですが)から始まると、結局行き詰ってしまうのがこの問題なんです。

    本当は、自分達の施設でばらまいた危険物質を、
    よもやその自分達で回収できないまま、
    営業を続けている企業は到底許せないですけど
    今は柏に子供が生まれ・柏に子供が住んでいて、
    その為には今出来ることを柏の人達と一緒にやりきりたい


    怒りを行動にかえて、さっさと子供にとって安全な環境を手にしたいです。

    少なくとも1回は身近なところの徹底的な線量検査&お掃除をして
    除染してないとこの除染もできる範囲で考えて行い。
    「やったから安心なんだよ、柏」
    というのを全員で少しずつ汗をかいて言えるようにしたいです。

    柏には元気な市民がたくさんいます、活気もあります。
    だからこんな問題はやる気になったらあっという間に解決できちゃうはずです。
    それを、ことし前半でやりきっちゃいましょう!
    僕は、柏祭りのころには、このことを、去年の悲劇を
    過去の笑い話にしていたいので

    問題から目をそらすのではなく、直視して解決する。

    そういう柏に住み続けたいので、がんばっています。
    市民一人ひとりのイメージがそこに集まれば、そういう街になります。
    いい方向に考えて行動すれば、人も街も簡単に変われるはず。

    「心配するより行動を!安心する前に行動を!」 

    柏のパパ・ママに僕がずっと言いたかったことです。

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    スポンサーサイト

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。