福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 07«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »09
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-02-16 (木) | 編集 |
    去年、わんわん隊をたった一人で立ち上げる時にも同じような記事を書きました。

    あれから5ヶ月が過ぎようとしています。

    僕は一人ではなくなりました。つながろう柏!明るい未来プロジェクトは沢山の仲間がいます。
    除染計画もかなり具体的になりました。ノウハウもたまりました。
    柏市の職員だけでなく、柏のいろんな産業の方、大学の先生達も本気で取り組んでくれています。

    だからあの日のように無謀と思えるフィールドに
    また勇気をもって進んで行きたいと思います。

    今度は、柏の人全員にきっちり届けたい。 
    柏の40万の人に向けてメッセージを発信したいです。

    ホットスポットはネタじゃない!
    ホットスポットは解決できる!


    そして、、、ブログのタイトルでもあります。

    ホットスポットに負けるな!と

    ワンワン隊の活動は、ノウハウの蓄積に過ぎません。
    柏でも除染ができる、そして十分に効果を出せると示してきました。

    これから、多くの町内会さんやPTAさん、子供会さん、青少協さん、おやじの会さん
    そして新しい XX地区除染隊 ココ掘れワンワン隊XX支部 などの新しいコミュニティ
    主役は地域の人、そして有志の人です。

    ワンワン隊には柏市の全土の除染は出来ません。
    皆さんの力がないとむりです。

    そういう意味で、気持ちは10月の2日と同じであり、同じメッセージを伝えたいとおもいました。


    人の手で、ボランティアでやる除染には限界があります。
    でもやらなきゃ0.1ミリシーベルトも線量さがらない

    強い市民の結束をもって同じ方向を向いて進んでいくことが必要です。

    逆境の今だからこそ、リーダーシップをもって
    除染からしっかり立て直していくつもりです。
    スコップもって土嚢袋を運んでいれば、
    嘘が入ってくる隙間がないからです。

    政治も利権もない
    1本まっすぐな道が見えてくると思うんです。




    2月18日に何が変わるのか、答えは自分の中にあって

    どんなことをしても、自分がやろうっておもわなきゃ変わらない

    人に言われていやいや除染してても変わらない

    人に危ない危ないといわれたからって変わるものでもない

    だから、ちゃんと正しく情報をつかんで欲しいのです。

    柏市の人は、本当はここが危険であり

    でもよく調べたら、なんとか住んでいけるレベルであり

    今やれることがあり

    今やるべきことがあり

    次はみんなの番なんだと思う。

    スコップをもって立ち上がろう、少しでもキレイな柏の為に

    たくさん情報を発信して、みんなで知識を共有しよう

    放射能がふってしまった柏市

    ホットスポット柏市を元にもどすことに近道はありません

    あと少し、みんなの力が必要です。

    計測するか、除染をするか、声を上げるか、情報を広めていくか

    一人ひとりが出来ることを考えて持ち寄る時期に来たと思います。

    まだまだ諦めるのは早いです、

    まだ出来ることいっぱいあるから。

    僕の背中を道しるべにしてください。

    スポンサーサイト

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。