福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 05«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »07
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-03-28 (水) | 編集 |
    こんばんは、つながろう柏! 川田です
    昨日 SHIN さんというお店で飲んでいたのですが
    こないだLUZROOTSのイベントでご一緒した、柏のボランティアチーム
    和魂」さんのメンバーさんが働いている居酒屋さんらしいです。
    0時過ぎたころから8人くらい集まってそのまま被災地に車で向かっていました。
    熱いっすね!

    今度ワンワン隊に入ってくれる方も見つけました!
    彼らみたいな熱いチームも今後は除染に踏み出したいってことなので、
    ノウハウを共有してぜひ、彼らの思いを具体的にかつ安全に実現できるようにサポートしたいです。

    柏でいろんな動きが広がるように、つなかし本体にこだわらず
    多くの人が同じ方向を向いてがんばっていくことも、1つのつなかしの終着点なのかもしれないと思いました。
    つながろう柏は団体ですが、最終的には「放射線問題と向き合う動き」そのものを目指したいですね。

    いきなりですが1つお願いがあります。
    1つは、みなさんのお住まいの町内会で、もう一度計測なり除染をしてみないか?ということを
    駄目もとでもいいのではなしてくれませんか?というものです。
    シンポジウム以後、一部の町会さんが前向きに動き出してくれた事実があります。
    すでに30町会は超えて増えていると市の方から聞きました。

    30だと少ないかもしれませんが、0から30に増えたのであれば60だっていけちゃうかもしれません。
    柏の町内会の数

    もともとは、町内会で放射線の話をすることすらタブーなんじゃないか?という空気がありました。
    ある町会の方がおっしゃっていたのは
    私は放射線の影響が(年齢的に)少ないと思うから、実感として心配にならなかった。
    でも若い人の話をきいて、違う視点の考え方があることが分かった。
    分らない・不安だというよりも、計測(や除染)することで前に進みましょう

    ってことでした。

    町会さんが何かしら行動を決断をしてくれれば、まずは相談員さんが話を組み立ててくれます。
    そのあと基本は柏市のアドバイザーさんと町内会でペアで動いていきます。

    町内会さんは、すでに除染をしたところもありますし、計測をしたところもあります。
    また検討で相談を始めてくれたところもあります。
    ただ、町会さんが検討を始めてくれないと何もはじまりません。

    半年前とは、ずいぶん柏の「放射線」のイメージは変わりました。
    目をそらす話題」から「取り組む課題」になった部分が少なからずあります。

    僕は、その変化を肌で感じて前に進んでいます。

    ですので、みなさんの町会で役員さんや班長さんとお話をする機会があれば、
    町内会として計測だけでも検討してみてもらえないかと、言ってみてほしいのです。

    だめもとでも、、、いうのはタダです。
    やらなきゃ始まらないので、一緒に草の根運動しませんか?
    よろしくお願いします!


    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    スポンサーサイト

    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。