福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 10«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »12
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-06-02 (土) | 編集 |
    まず、先日の高田近隣センターの除染の動画をわんわん情報局さんのほうで作成してくれましたので
    アップします。



    そして今日は、柏祭りに向けた柏の駅前、一大除染イベントに向けた事前計測会でした。
    本番の除染は6月24日の09:00から柏駅東口の広場からスタートして行っていくそうです。

    今日事前計測しておもったこと。

    ほとんど「砂」が汚染源。。。。って
    震災後1回も掃除してないのデスネ!
    何気ない砂ですが、地面に時下置きで1μSvとかけっこう点在していました。
    点染源なので1mの空間線量にすると0.18μSvとかになります。
    これが、首都圏での都市濃縮の実態です。
    空間線量は低いのですが、一面汚染されているのではなく、局所的に高い場所があります。

    ただ、その砂の一塊をとればいいだけなんですが
    (そんで家の裏とかで10cm掘ってうめて、10cm土を盛る古墳プラン)
    それでもあちこちに点在するということは、震災後そういった砂とか土とかの除去を
    誰もしてないし、誰もソコに問題が集約しているとは思いもしてないということだと思います。

    一斉清掃で、駅前の人達が自分の出来る範囲でその砂の山を取ってあげれば
    その日だけで駅前の線量は下がりますし、それは達成可能なことです。
    恐れるのではなく、アクションをして前に進む。
    そうすれば、延々とした議論や見えない恐怖、漠然とした不安から解き放たれます。
    24日の柏駅前の除染イベントに、一人でも多くの方が参加してくださることを切に願います。
    まかしていても、線量は下がります。
    しかし、自分達の手で、目で見て達成してみませんか?


    今日の番外編は、地域での情報共有についてです。
    以下「続きを読む」で
    毎度のことですが、
    僕たちの資料は全て無料でお渡ししますので
    お気軽に つながろう柏!もしくはkashiwa_jouhou@live.jp までご連絡ください。
    除染の情報に僕は権利云々はいらないと思っています、いまそこにある危機を全ての人の知恵で乗り越えましょう!
    これからも首都圏向けに、情報発信を続けていきます。

    松戸市・流山市・鎌ヶ谷市・守谷市・野田市・我孫子市など近隣の行政の方やそこにお住まいの方
    除染や計測のノウハウや除染の情報は、知らない人がまとめても要を得ません。

    いろんな人の力を借り、教えてもらいながら完成させた
    ノウハウを集めたものがありますので、ぜひ役立ててください。そして情報を僕たちにも下さい。
    ぜひ首都圏の僕たちは、僕たちの手で一緒にその知識を首都圏の財産として集結しましょう。

    情報が伝わらないのは、情報に罪があるのではなく、それを持つ人の意思に左右されます。
    全ての人が、放射線の問題においては思いを1つに「行政単位」ではなく、
    それを求める人全員で集約できる形作りをしていきたいと思っています。

    除染は金儲けじゃない
    全ての人に等しく、正しい情報を
    スポンサーサイト
    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。