福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 10«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »12
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-05-24 (火) | 編集 |
    えー、唐突なアイデアで済みません。
    企業は人、国も人、人が公に動くときは必ず利害関係が発生します。
    多くの場合、あるトップの決断が国や企業や自治体を動かします。
    では、そのトップは機械か?というと「人間」です。人間には意思があり、損得感情も防衛本能もあります。
    そのトップの意思決定に自分達の要望を乗せようとするならば本音を聞かないといけません。
    ある時、こんなこと言われたことがあります。
    「乗れる船じゃないと、乗れないんだよ、俺だって自分一人で何かできるわけじゃないんだから。。。みんなのことを思ってる気持は同じだから、現実的に乗れる案もってきてよ」と

    いくら数が欲しくても、民・公の連立はできても、民・共の連立はできないのと同じです。

    団体はトップに行くほど、しがらみや利害関係が増えます。
    そこのトップは会社であれ、国であれ個人で好きなことやってるわけじゃなくて、いろんな自分や他人のアイデアの中から一番乗れそうなものを現実的にチョイスして乗ってるにすぎません。

    その「実現性」こそが、科学者(の正論)に最も欠けている観点です。

    私は子供の為に結果を求めています。プライドはありません。
    行政が動いてくれそうな(乗れそうな)アイデアを考え、そして実際に子供の為に動いてもらいたいです。
    それがこのアイデアとなっています。
    僕が子供に約束したベストは「理想」を目指すことではなく、「結果」を目指すことです。


    総合アクションプラン
    政令指定都市:東葛飾市を目指す!(松戸・柏を中心とした合併プラン)

    個別のアクションプラン
    ・全ての幼稚園・保育園・小学校の表土の除染
    ・全ての公園の表土の除染、もしくは代替表土(ゴム型)への入れ替え
    ・健康被害指定特区の制定と今後30年の市民ガン健診の無料化
    ・健康推進の為の祝日の設定、ガン健診を推奨してがん死亡率が日本で一番低い市を目指す
    ・水道水の厳格な調査(基準値以下⇒非検出ではなく、埼玉のように厳密に値を公開する)
    ・安全な地産地消の推進。定期的な放射線量の測定と公開。
    ・市民の内部+外部のトータルでの被曝を考慮した情報公開の仕組みづくり。
    ・市内全ての道路の徹底的な洗浄、もしくは新型アスファルトでの舗装(入れ替え)
    ・市内全域で地表1mでの放射線量測定し、全地点で0.114μSv以下を目指す。


    個別のアクションをみるとざっと何十億のお金がかかる。でも絶対にやってほしい
    陳情や署名レベルだと市も県も予算取りの正当性などから動きにくい。
    いまついた予算を付け替える(補正)などするにしても「大きな動きの中で」の方が組み換えしやすい。
    そこで、国や自治体が大きな名目上で乗りやすい乗り物として「政令指定都市の誕生」というものを用意したらどうかと思いました。

    以前にとん挫した、松戸・柏など中心とした地域の合併プランがありますが今であれば住民の意識と負っている状況が似ていることから共通の問題をテコとして再度この話を進めるきっかけになるかもしれない。
    正直すぐにでも引っ越したいくらいなので、「柏」などの名前に固執する理由は今現在、親としての僕には有りません。
    柏市単独・松戸単独などよりも、そもそも政令指定都市のほうが大きな予算がつく(交付金の自由度が上がる)

    前述の記事のとおり、この問題はかなり地方色の強い問題であり、国・政府行政でこの問題がクローズアップされ、対処されるか?というと福島が最優先となり、対処はされない可能性が高い。
    そこで同じ問題を共有する柏・松戸など近隣自治体が合併し政令指定都市となることで公布される予算が増え、そしてそれはまさにその自治体の抱える問題に使うことができる。
    (国の視点では黙殺されるが、1つの巨大地方都市としては切実な問題となりえるので)

    また、今後政令指定都市として全国での注目を集め、実際に正しいアクションをしていけば商業的な理由から放射能汚染を期とした人口の流出をカバーできる人口の流入を見込める。
    現状のままだと、人口の流出はあっても、子供のいる家庭などがこの地区に転入してくる理由はない。
    そもそも、個の意見は大抵は黙殺(承っておきます or 検討しておきます⇒アクション無し)されるものです。
    僕も逆の立場ならそうですよ、行政府長の立場なら怖いのは1市民・国民の声じゃなくて会派や国会の中での声ですからね。
    だから僕らは国会議員さんなどに陳情して動かさなきゃいけなんだけどこの問題が国会レベルじゃないので、最大限の個の集合体をめざすなら政令指定都市なんじゃないか?という結論に至ったわけです。


    会社の人に聞いた話だと、合併はどの市も自己中心的なお金の観点だけで進めるから頓挫してるって話でした。
    (たまに税収と交付金での自給率が100%越えると交付金の給付率下げられるから 100%未満の町を吸収して99%に調整するとか聞いたことあります)
    住民の安全の為とか信念は存在するんだろうか?今はその時だとおもうんですけど。
    以下は、その方の推測ですが参考までに。。。

    ・ディズニーで自給率が高い浦安とみんな合併したい
    ・船橋は単独で公営ギャンブルで税収高いから合併必要ない?でも市川と合併したら都内と隣接
    ・柏と松戸はあまり合併にのりきじゃなかった?松戸が柏よりも市川側連合の方に前向き?
    ・鎌ヶ谷は税収低いのでどこかと合併したい?


    鉄は熱いうちに打てといいます、今の勢いがあるうちでないと、上記の様な泥臭いお金の都合で邪魔が入るんじゃないでしょかね。各市町さん!合併するなら今ですよ?

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。