福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 03«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »05
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-05-27 (金) | 編集 |
    まず、政府から海水注入の支持があったのに、それを無視して注入を継続させた吉田所長の
    非常時における「指示」の無視という行為は規定により罰せられるべきであるという立場です。

    しかし、今の民主等執行部の指示内容・矛盾した記者会見・隠蔽体質・原子力に対する無知を考え
    そして結果的に海水注入はとめるべきではなかったという事実から逆算すると
    アホな事を平気で怒鳴り散らして指示してくる官邸や東電の本社組の支持を、自らの倫理・安全第一
    の信念をもとに無視した吉田所長の判断は正しく強く支持します


    まず、柏や松戸も似たような状況にあり
    国が何の根拠も持たずに20mmシーベルトは生涯安全です、
    と指針を出しましたが、それを
    「お上の指示です!」と印籠のようにふりかざし
    考えることをせず、自分の責任を回避するという市役所や教育現場の実態。。。
    子供に、海水ではなく放射能が注入される前に
    「現場はNo!」を突きつける真の政治家を求めているからです。

    そもそも、これほどの悪政たる民主党の被害を受け続けるのは、衆院選で投票してしまった
    私達の責任であり、子供達に次の衆院選までのしばらくは被害をがまんしてもらうしかないのです。
    これは誰のせいでもなく、民主党を目暗で指示してしまった私達に責任があります。

    しかし!長くても次の衆院選までまてば、民主党が必ず大敗し
    (ここ1年は全ての選挙で民主党は大敗しており、一度も勝利宣言できていないのは皆さんご存知のところです)
    ずーっと1mmを基準として順守してきた日本が、なぜこの数ヶ月で20mmにあげたのか
    次の政権与党によって再度検証されるでしょう。

    8月の柏市議選挙でも、民主党(20mm子供に浴びせても安全といってる政党)の看板を掲げている候補には
    市民の子供を危険にさらした代償をはらってもらわなければいけません。

    僕は国のアホな判断は時に政治的・外交的な理由でアリとしても、
    子供が遊んでて口に入れるのが見えている(内部被曝するのが見えている)
    柏市の幼稚園や保育園の土や砂を
    3.8μSv以下だから安全なので交換しなくていい
    とか言い切る市や市議や政党に属する人は絶対許さない。

    みんなで国の20mm安全宣言を受け入れることなく自衛しましょう
    僕達全員が柏市の吉田所長になりましょう!
    まってるだけじゃ、明日は良くならない。

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。