福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 03«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »05
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-06-09 (木) | 編集 |
    今日はまず、誤らなければいけません。

    私は仕事でしたので、今日は5ヶ月の息子と嫁さんの2人で
    地産地消キャンペーンにきた森田健作に会いに行ってきました。

    冒頭から
    千葉の震災で被災した生産者の人たちを前面にだした空気
    森田健作を見に来たミーハーのおばさん集団しかギャラリーがいない中で

    罵声を浴びせることはできず、
    最後に近くにいって「東葛地区の食品検査をやってください!」
    というのが精一杯だったそうです。

    IMG_0825.jpg
    IMG_0826.jpg

    家にかえってきてから大喧嘩です。

    僕「は?罵声のひとつも浴びせないで帰ってきたの???」
    嫁「私に捕まれっていうの?」


    結局のところ、過激な僕に比べて嫁さんは対極的といっていいほど
    マトモな人です。要は普通のお母さんなんだと思います。

    多くのミーハーなおばさんたちと、柏市民達は
    この状況にもかかわらず、並んで野菜をお買い上げしていったそうです。

    このブログは、嫁さんの為に始めました。
    しかし、結果としてそれが温度差を生んでいたようです。
    毎日毎日何時になってもかならず、ブログを更新し恐れずに意見を発信してきました。

    放射能と戦う、真実を追究し、柏を変えていく!そういう強い怒りで書き続けているブログですが
    今日は僕は仕事にいき、怒りを嫁さんに任せて、しかもその嫁さんのことを責めたのです。
    嫁さんがノイローゼにならないようにブログ書いたのに
    僕の強い思いが先走って、ノイローゼどころか攻撃するなんて本当に申し訳ないことです。

    嫁さんとの温度差をわざわざ作ることが
    子供の為になんらいいこととは思いません。
    両親が放射能で大喧嘩をしているようでは、放射能以前に基本ができていないのです。

    大人への放射能を心配しているわけではありません。
    子供への放射能の影響を心配しています。
    そして、放射能の前に、これが夫婦間で大きな問題となることは育児の観点で本末転倒なのです。

    ブログの趣旨という観点では自分は今日、何も結果を残せなかったと無力感を感じています。
    目の前で森田健作が地産地消キャンペーンをし、
    感動した市民がそれを列を成して買う
    。。。
    もう外部被曝だけで基準値を超え、1ベクレルですら体内に取り込めないというのに。。。
    森田健作は放射能の「ほ」の字も口に出さず「店頭に並んでいるものは安全です」と。
    こんなことが、まかりとおってしまうことに非常に憤りを感じます。

    結果を出せなかった人間があれこれ言うのは僕自身許せないのです。
    世の中は行動と結果のみです。僕は結果の出せる人間でありたい。
    本当に心から皆さんにお詫びしないといけません。
    そしてとても恥ずかしい思いでいっぱいです。

    行動と目的が正しく情熱があれば、必ず目的は達成できます。
    しかし、今結果を出せないということは方法論が間違っています。
    何か、方法論を見つけないといけない。。。。

    今日は権力と森田健作の圧勝でした、
    しかしいつの日か、必ず親の子を思う力が勝利する日がくると信じています。
    そしてかならず行政に行動をさせる日を実現させたいです。


    最後に食品検査に関する署名のご案内をさせてください。

    「食の安全と環境を考える会」
    柳沢典子さんという方が、柏市独自での食品の放射線測定に向けた取り組みを
    なさっているとのことです。
    http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-10906094906.html
    こちらのページをみて要望書に賛同いただければ幸いです。

    また、東葛ガイガー会というものも発足しているようです。
    いまや、ガイガーカウンターのデータは氾濫するほどになったようですが
    計測方法やデータの統合をすることでより正確なデータとなるでしょう。
    こちらに詳細がございます。
    活動は主にツイッターのハッシュタグ(何でもいいのでつぶやきのさいごに #tkgg と入れるだけ)を入れるだけです。

    どちらも僕ら個のちからを結集する活動です。
    あきらめず、今後も戦っていきましょう。今日は本当に申し訳ありませんでした!
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    わたしも昨日、高島屋前まで行きました。
    罵声をあびさせるつもりでしたが、無理無理無理!捕まる!しかも子供と共に、ということで、並んでいんる野菜が、攻めて大丈夫なことを、祈りながら、帰路につきました。空気読めない、知事さんですね!
    2011/06/10(金) 09:10:25 | URL | みのりんです。 #-[ 編集]
    みのりんさんへ
    そうなんですね、、、
    そんな空気感とはしらず、一方的に嫁さんを叱責してしまいました。

    そりゃー怒るわけですよ。

    嫁さんには本当に申し訳ないことをしました。

    なんでも自分でやってから言わないとですよね。

    嫁さんもなんか自分を責めてるみたいで。。。
    本当に悪いのは僕の方ですよ。
    2011/06/10(金) 13:49:11 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    ハジメマシテ[i:63903][i:63903]
    いつも拝見させてもらっています。

    両親が放射能の事で喧嘩したら本末転倒……
    確かに。。その通りですよね
    子供の健康、子供の将来をと放射線の影響を防御しようとも、キリキリギスギスな家庭が子供にいいわけありませんよね
    主人の気持ちそっちのけの今の私の言動と照らし合わせ、家族のあり方を考えさせてもらいました。
    今回の県知事の行動は、怒りと悲しみしか感じません
    親子の勝利する日が1日でも早くくるために共にがんばりましょう
    2011/06/10(金) 21:59:31 | URL | 紫苑 #4JcWZNxE[ 編集]
    紫苑さんへ
    コメントありがとうございます。

    そりゃー夫婦ですもの、ケンカはしょっちゅうですよ。
    でも、家にかえって、嫁さんとケンカしたときに
    やっと寝かしつけてねてくれていた子供が
    大声で起きて泣き出したのです。

    そこで、ふとわれにかえって気がつきました。
    本来は、子供が原点なんだって

    本来負けん気がつよい僕ですが
    今回は素直に、すぐ謝ることにしました。
    そして、冷静になって思えば自分がわるかったと思います。
    知事にあの状況でも食品検査を申し入れて
    「うん、わかった」と軽返事1回だけでも、一応耳にいれたので
    それでも勇気のいることだったんじゃないかと思います。

    握手をねだるミーハー軍団のふりをして近づいたそうです。

    でも、だんなさんと温度差があるのはわかりますよー
    ウチも最初はめっちゃくちゃありましたので。

    絶対大袈裟にいってるだけだから、ブログで調べて安心させようとしたら、実際にウソだらけでやばかったというだけです。

    嫁さんにいわれてるだけだと
    「またなんかいってるよー、ハイハイ」という状態だったかもしれません。
    2011/06/10(金) 23:00:19 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    どんまい!
    勇気あるブログだな、とまぶしく拝見している者です。

    昨日のNラジオでも森田知事が出演して盛んに彼の活動を宣伝していましたね。

    あまりご自分を責めないでくださいね、悪いのは原発や政府、その関係者、見てみぬ振りしてきた私たち…あれれ?

    …とわが身も反省しながら、放射性物質をよけながら生活しているんですから!

    私はこのごろ、震災のときとは違った疲労感に襲われています。
    無力感というか、やるせない怒り。

    でも生活は続きます。長期戦を予想して生きていくしかありません。

    だから自分にも他人にも優しく心がけたいと思っています。
    2011/06/11(土) 15:05:12 | URL | うめちゃん #-[ 編集]
    No title
    行政側は結局1μSvを下回っているから、問題なしという安全宣言が出されていますが、騙されてはいけません。
    私たちが指標とすべきはチェルノブイリ事故による汚染地帯の定義だと思います。チェルノブイリの汚染地域の定義は1k㎡あたり1キューリー以上の放射性セシウムを基準としています。この値は1㎡あたり3万7千ベクレルです。柏周辺は平均すると7万ベクレル/㎡の放射性セシウムが土壌に積っていますので、チェルノブイリの第3汚染地域と同等ということになります。この地域ではチェルノブイリ事故から20年経って白血病やガンが増加していることが現地の調査で明らかになってきています。国や県は土壌の除染の基準を1k㎡あたり1キューリー以上とすべきです。
    2011/06/11(土) 15:29:13 | URL | 丘のイルカ #-[ 編集]
    うめちゃんさんへ
    そうですね、「人はずっと怒り続けることはできない」
    といいます。

    それは怒ることにエネルギーが必要だということのほかに
    人は、環境に慣れる生き物だからなのです。

    でも僕は、すごく危機感を持っています。
    普通自然界のこと、人間界のことであれば
    数ヶ月や1年という時間は、何かをわすれさせてくれたり
    癒していくには十分な時間だったりします。

    しかし、人間が作り出した自然界にない悪魔の物質は
    目に見えないだけでなく、何十年もそこにとどまり続けるのです。

    この数ヶ以内にかならず除染にこぎつけれると希望をもっています。
    もうしばらく、肩の力をぬきながら
    がんばってみようと思います。
    2011/06/11(土) 20:34:12 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    丘のイルカ さんへ
    柏市の平均的な汚染具合にはびっくりしましたよね。。。

    今日の昼の特番でもやってましたけど
    やっぱり 1mmSv/年 を否定する明確な理由はないんですね

    早く、言いたくてもいえない4県には
    認めてもらいたいですよね。

    その上で、除染の基準などを厳しくしていきたいですね。
    2011/06/11(土) 20:50:14 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。