福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 05«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »07
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-06-12 (日) | 編集 |
    おそいですよね。皆さんすでに牛乳などについてかなり詳しく調査されているっていうのに。。。

    まじめな話、三重意外にも食品については
    東京、千葉、茨城、栃木、群馬・福島・埼玉・神奈川 については危険という認識。
    今日、新館高島屋で大田原牛(那須牛)とかいうハンバーグたべちゃったけど。。。客が外人しかいなかった。
    (調べたら、那須も牧草からセシウムが大量に検出されて牛に食べさせちゃいけなくなってるのね。
    それを爆発から2ヶ月以上たって5月に発表。。。当然「基準値以下で健康には何も問題ない」とのこと)

    あーあーそうですよ、国を信用して何も調べないで食べた僕らが悪いんですよ。

    何度もいってますが、正しい基準値で測定して、公開してくれれば
    栃木でも茨城でも千葉でも、買えるんです。食べれるんです。
    放射能出てるときに、その基準みなおすとか、、信用を一気に0にするだけだから。
    食物に汚染の危険性のある都県が「裏の裏は表の理論」で一目瞭然に一覧できます。(記事リンク)
    TKY.jpg
    なぜ今?食物の安全性が問われてるときに基準をあげる?
    普通は逆じゃない? こういう行動が風評被害の原因だよ?
    一部知事の誠意のない行動は行政全体の不信につながります。

    ちなみに、放射能野菜を心配した栃木の方の質問に対する回答でこういうのありました。
    栃木の農家さんが、千葉ってない事を祈りましょう
    千葉の農家さんってそう思われてるんだーとおもってしまった。

    明日からは、もっとちゃんと食品の産地と安全性をしらべていこう
    外部被曝にだけ目が言ってて、結局内部被曝しちゃったじゃないか。。。
    風評被害対策の大義名分の元に、子供が犠牲になってるように見えて怖い。

    火の無いところに煙(風評被害)は立たない、今にかぎっていえばそういうこと

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    No title
    いくら食品の検査をしてもキリがないと思うんですよね。
    サンプルで抜き取っているだけですし、全部測ることもできないし。
    チェルノブイリでも家1軒ごとに汚染度が違っていたので、場所によってむらがあるのは確実です。
    まず農家ごとに土壌を検査して作ってはいけない土地とそうでない土地を分ければいいのになと思います。

    農家は気にしない人が多くて怖いです。
    無農薬にこだわって作っている農家から野菜を買っていたのですが、
    放射能についてはこのくらい大丈夫と言われていて買うのをやめました。
    そこの農産物を検査したわけでもないのに・・・
    宮城もやばいですね。
    知事が大気や農産物の検査をあまりしたがらないそうです。
    2011/06/13(月) 08:59:54 | URL | paru #dl8.WT02[ 編集]
    台風拡散
    武田教授もブログで言うように台風で福島近辺に積もっている
    天文学的に大量の放射性物質が、これからの台風で、
    柏に限らず、少なくとも関東一円、場合によっては日本中に
    撒き散らされるんだろうね。皆さんには申し訳ないけれど
    福島の人の苦しみを、日本人全員が平等に受け止め
    ざるを得ない事態に自動的になってしまうかも・・・

    魚も水俣病のように濃縮されて、日本近海のものはもう
    食べられなくなるんだろうね。空中に上がった放射性物質
    も多くは近海に降下しているのだろうから、魚の汚染は
    本当に深刻なものになりそうだ。

    そうなると柏といわず、もう日本には住めなくなってしまうのかな。
    2011/06/13(月) 17:03:43 | URL | hamu #-[ 編集]
    paruさんへ
    小さな農家の身内がおります。
    もちろん、出荷するほどではないのですが
    こーちゃんに食べさせるお米は去年収穫のものを近所から買い集めてくれたり、
    「子供にとって危険かもしれないものは、念のため食べさせない」
    「その分、大人がそれを消費する」
    というスタンスでいてくれています。
    僕らのほうから何かいうのはやはり、気の引けることです。
    しかし、そんなことをいわずとも生産者の良心として
    土を知っている人は、やはり人も知っているのだと、
    信じさせてくれる対応をしてくれます。

    出荷制限が解除されたんだから、出荷しよう
    あとは買う側が必要なら買うんだから、いいんだろう。
    というような、考えることを拒否している農家の人には
    本当に申し訳ないけれども、消費者として怒りを覚えます。

    今、農家には「良心」が問われていると思いますし、良心が無心に変わる前に、政府はその支援をすべきです。
    2011/06/13(月) 22:12:29 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    hamuさんへ
    そうですね、原発近辺の放射性物質は
    まだ近県には飛んでくる可能性はありますね。

    それよりも、最大で6月末までしか持たないとされてる
    汚染水の方もきになりますね。
    台風による雨で、6月末⇒6月中旬⇒間に合わない
    とかなると、これって「あきらめる」か
    お得意の「情報統制」で「安全です」っていうんでしょうね。

    さすがに海に放流する事態になったら
    近隣の国からもはげしくいわれそうですけどね。
    2011/06/13(月) 22:15:54 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。