福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 07«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »09
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-06-14 (火) | 編集 |
    千葉、茨城で土壌から通常の400倍セシウム 筑波大調査
    福島第1原発事故で筑波大は、福島県と首都圏東部の土壌汚染地図を独自に作製した。原発から200キロ近く離れた茨城県や千葉県の一部の土壌から、通常の400倍にあたる1平方メートルあたり約4万ベクレルの放射性セシウム137が検出された。健康に影響がないレベルだが、放射能汚染が広範な地域に及んでいることが裏付けられた。

    でその土壌汚染マップとマッププロジェクトの融合

    まさに、
    火の無いところに煙は立たない。
    セシ無いところでガイガー鳴らない


    セシウム管理区域想定

    4万ベクレルって、、、
    飯館村=柏
    ああ、イイダテっていう村とおんなじくらいなんですかね。
    ん?。。。。危険?

    空間線量の高いところ=セシウム濃度の高いところだとすると
    ある程度の絞込みができるかもしれませんね。
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。