福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 03«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »05
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-06-24 (金) | 編集 |
    多くの方が震災後の福島の事故で被害者になりました。

    20mm まで大丈夫だという考え方
    1mm を超えては絶対ダメだという考え方
    農家を風評被害から守ろうと思う考え方
    子供を食物汚染から守ろうと思う考え方
    放射能汚染なんか知りたくなかったという気持ち
    これまでと同じように生活したい気持ち
    これまでと同じようになんか生活できないという気持ち
    空間線量だけでも下げたいという考え方
    内部被曝と空間線量のトータルで被曝制限をしたい考え方
    大袈裟だなぁと思う気持ち
    何でもっと危機意識をもたないの?という気持ち
    学校の給食は食材を選んで欲しいと思う気持ち
    学校にまで親のノイローゼを持ち込むな、と思う考え方
    子供を外で絶対に遊ばせたくないという考え方
    子供は、元気に外で遊んでこそ健康になるという考え方
    もう今はマスクをしなくていいと思う考え方
    マスクは必需品だと思う考え方

    人の数だけいろいろな思いが、交錯しています。
    その現実を突きつけられたのがホットスポットです。
    知らないだけでは、すまない現実

    その現実を目の当たりにしたとき
    人がとる行動は、1つではありません。
    それが多様性であり、それが他人です。
    夫婦であっても違います。
    親子であっても違います。

    でも、僕は思います。

    違いは違い、無理やりなくすものでも、無理やり排除するものでもない。
    違いは違いなんだから、それを認めて違いを乗り越えなければいけない。

    夫婦もそう、放射能の問題もそう

    世界を広げるっていうのはそういうことなんじゃないかな?って
    単に年齢だけ重ねればいいってもんじゃなくて
    許せることが実は大人になることだったりして。。。^^
    許すってのは許さないより難しいっていわれるんですけど
    それでも同じ被害者なんですよね、僕達は

    放射線に対するいろんな思い・考え方の違いを乗り越えて
    それでも1つになれる日がくるといいですね
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    知る
    テレビや新聞が言うから大丈夫と思うのが一番いけないですね。
    自分で調べるのが大事だと思います。
    もんじゅの引き上げもほとんど報道されないので、ネットでずっと様子うかがってました。
    あちこちで壊れた原発ありすぎ…
    2011/06/24(金) 11:58:35 | URL | paru #-[ 編集]
    調べてみると・・・ 
    原発といえば海沿いにあるイメージがありますが、
    じつは身近なところにも結構あるんですね。
    大学の研究施設で原子炉を所有しているところがあります。
    川崎市にある東京都市大学(旧:武蔵工業大学)名は変わりましたが、工学部にて原子炉を所有していました。
    平成元年に冷却水漏れが見つかり廃炉としました。
    廃炉となったのですが、取り壊しは行われていません。なぜか?
    どうやら原子炉を停止することに大金が必要で、取り壊しにさらに莫大なお金が必要のようなのです。さらに詳しくはわかりませんが、このような施設は国内にもまだ存在するのではないでしょうか?しかもわれわれの身近なところに・・・。
    2011/06/24(金) 23:09:05 | URL | 梅ヶ崎 #mQop/nM.[ 編集]
    paru さんへ
    少し情報がでてきて、
    整理されてきたこのごろ

    ただ、それにともなって思いの強さの違いがでてきているとおもいます。

    もんじゅは結局うまくいったのかいかなかったのか。。。
    うまくいったニュースはほんとうなのか。。。

    1号機の水素爆発のとき、枝野は「成功した」って
    いってたような。。。あれにはびっくした
    2011/06/24(金) 23:38:46 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    梅ヶ崎さんへ
    この、街中隠れ原発は
    ニュースでもやってましたね。

    多くの大学などの隠れ原発は発生できる熱量がすくない、微量の核物質で最低限の動作を再現するだけの機関のようです。

    なので放射能漏れといっても、そんなに大量のものは近くに飛散しないみたいですが、それでも「隠れ」てそこにあったら、いやですよね。

    まして廃炉っていわれてももんじゅみたいなこともあるし
    心配にきまってますよね。
    2011/06/25(土) 00:51:47 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    いろいろな見方
    確かにいろいろな見方がありますね。

    しかし・・・・
    福島市内のこの現状を見ると、うろたえてしまいます。
    室内の子供部屋で0.8という数字はもうどうして
    よいかわからないレベルです。

    でも、福島を離れることはできない、自分がここを
    離れられないように・・・仕事もなく、家もなく、
    家族もいなければ、どこにでも行けますね。

    自分の子供のことも心配ですが、福島の子供達も
    心配です。


    http://ameblo.jp/kiki77777/entry-10905157401.html

    まずは、通学路の草むらで数値が計測された。
    「28(マイクロシーベルト)」との言葉に、山田教授は
    「完全にホットスポットですよ。流れ込む途中で、
    ここにトラップ(捕捉)されている」と話した。

    2010年に新築された福島市内の住宅。
    2人の子どもがいるこの家にも、ホットスポットが存在していた。
    住宅の裏口の外での計測で、「9~10あたりですね、ここは」
    との言葉が聞かれた。さらに住宅の中、2階の子ども部屋へ
    上がって計測すると、「0.8かな。下(1階)より、ちょっと高い」と話した。
    2011/06/25(土) 07:37:18 | URL | hamu #-[ 編集]
    hamuさんへ
    ほんとうに、正直に僕のきもちだけでいうと

    何で福島の方が、お子さんを避難させていないのか
    事情はわかるにしても、、、
    避難させたほうがいいとおもうのです。

    仕事・家・資産・いく先のあて

    逆の立場でも、難しい現実問題があるのは容易にわかるのですが、、
    しかし線量が、高すぎるんじゃないかとおもってみたり

    これは、東京の線量のひくいところからみた
    柏近辺の人たちへのみかたとおなじです。

    本当に普通に会社では
    「柏やばいじゃん。なんで引っ越さないの?引っ越したらいいじゃん」
    といわれます。

    (うわー無責任なこといって。。。ひっこせたらしてるよ)
    と思う反面
    (でも、、、それが実は正解なのかも。。。)
    ともおもっちゃいます。

    僕の素直な感想は、福島の線量の高いところのお子さんは
    いろんなご事情があるとはおもいますが、可能であれば
    1-2年で引っ越す為の計画をたてるべきなんじゃないか?
    というところです。
    2011/06/25(土) 08:56:16 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    こーちゃんパパさんへ
    福島は本当にたいへんな状況ですが、逃げるのか、
    残るのかという選択の中で住民を中心とした
    「放射能除染・回復プロジェクト」が起こってきたわけですね。
    ビデオの中で、先生は「方法はあるんだ」と言っていました。

    柏は以前の武田さんのブログでは注意すれば住める
    レベルだったと思います。内部被曝の問題もあるし、
    日本全国どこへ行っても逃げ切れないんじゃないか
    という気がします。線量の低い土地に逃れたとしても
    食品からの内部被曝に対する恐れは精神を蝕み
    免疫力を大きく低下させるのではないでしょうか。

    立ち向かうことこそが、免疫力を高め人間にとって
    最大の防御になるように思います。

    国民の関心が内部被曝に移ってきたことで、局地的
    な問題ではなく、国民全体で負担しなければならない
    という意識に変わっていくといいと思います。

    国は1ミリを目指すとしたのだから、少なくとも
    1ミリを超える地域の学校の除染を自治体に指示し
    費用は全額負担してしかるべきです。
    2011/06/25(土) 11:24:49 | URL | hamu #-[ 編集]
    hamuさんへ
    局地的 な問題ではなく、国民全体で負担しなければならない
    という意識

    ⇒たしかにそうですよね、食材に関しては
    少なくともホットスポットだけのもんだいじゃないですしね。

    線量によらず、親は子供に放射能のはいってる野菜なんか
    たべさせたくないですからね。

    全国規模で、この食の問題を訴えれば
    政府も動いてくれる可能性があがりますよね。
    2011/06/25(土) 11:32:26 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    柏市のことが週刊誌やテレビで紹介されたこともあり、
    私も会社でいろいろ言われるようになりました。また言われているようです・・・。
    この状況下で「柏に住んでいることについて」
    話題にされると結構、キツイものがあります。
    2011/06/28(火) 23:40:05 | URL | 梅ヶ崎 #0MXaS1o.[ 編集]
    Re: 家
    今の状況、これをあまりに深刻に受け止めると
    そして、風評被害が人や家にまでおよんでくると。。。
    とても苦しい状況だと思います。

    僕は、毎日いろんな情報がメールでとんできて
    「柏、だいじょうぶ?」という流れができているので
    苦労せずに、いろんな情報が入手できるなーとよろこんでるくらいです。。すみません。

    とくにAERAは、売り上げを伸ばす為に
    やったら過激にボロクソに柏のことかいてますからね。。。
    2011/06/29(水) 00:56:35 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。