福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 10«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »12
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-06-26 (日) | 編集 |
    ※UPDATE※
    書き始めより一貫して言っておりますが
    私のブログの線量や土壌汚染、食物に関する警鐘はすべて子供に対するものです。
    6ヶ月になる自分の子供の住む柏環境に対するもので、私の身体という観点では問題視しておりません。


    柏の土壌調査のデータが筑波大以外の会社で判明しました

    9999.jpg

    参考までに印西市の公的データの最大値(bq/kg)
    木刈保育園 1360(Cs-134) 1460(Cs-137) 2820(合計)

    以前の筑波大のデータ
    55555.jpg

    土は食材じゃないけど。。:国のセシウム制限基準
    134、137の合計値で500Bq/kg

    ㎡/kg と Bq/kg がめっちゃ混在してるから!!
    筑波大さんのデータにいたっては、セシウム137だけなので、実際はもっと高い?

    で、ですね。肝心なことはこの先なんですけどね
    柏市のHPより。

    現在の放射線量は、その地表に付着した放射性物質の影響によるものであり、雨などで地表面が洗われることで、少しずつ減少しています。
    このことから、福島第一原発において、今後、水素爆発等の事故が発生しなければ、柏市においてはこれ以上の放射線量の上昇はないものと考えています。
    ただし、東葛地区の空間放射線量が比較的高めであることから、
    その影響に関する不安の声や自治体での測定及び評価を実施するよう要望があがってきており、
    市としても現状を把握し対策を講じる必要があると考え、検討を重ねてきました。
    しかし、放射線に対する基準等が明確でない。。。


    ・雨が降るたびに洗われて綺麗になってくよ
    ・これ以上は増えないよ
    ・対策やる気はあるんだけど基準がねー^^


    ほんとに全国区で情報展開したい名言といってもいい。

    雨で減少ってなに????セシウムが雨で消える的なすごい曲解
    雨で洗われて安全になってくなら、とっくに水まいてーるよ
    これ以上上昇しなくても、今が激ヤバなんだって!
    結論として対策するのしないの?


    柏市は認識がめっちゃ甘いんです。
    土壌が汚染されてるのに、対策をやる気が無い。
    そしてそんな柏市が安全宣言を出している柏市の野菜。食べれますか?
    柏の農家の方が、独自で線量調査してる費用、これは本来行政が出すべき費用でしょ。

    あと、印西も柏のある部分もこんだけ汚染されてたら
    学校や園は言うに及ばずだからね、
    特に土や砂をそのまま口に入れちゃう低学年までの子供に園や学校は徹底指導するべきだよ!

    空間線量・土壌汚染やばいのはわかったから、あとは牛乳とか野菜、お魚とか
    食材関係をなんとかしてくれーー

    ※お魚の危険データ(千葉)
    999_20110626120237.jpg
    130匹で年間被曝限度、これならいいか?と思いつつ
    イワシも食物連鎖の「STEP1」 現在海では絶賛濃縮中。最後はイワシをたくさん食べるマグロが危険と予想。
    そもそもイワシの主食プランクトンが汚染されてるってことがやばい。

    中段オチ
    嫁さんに、イワシってさ。。。というと
    イワシはいいからニワシをやとって庭の雑草なんとかしろ!って
    自分の主張しかしないので、そろそろまとめます。
     (今日はクールスポット清水公園に行く予定が
    記事書いてるせいでキャンセルになりそうだからイライラしてるぽい)


    柏市民(放射能)防衛軍の敵 
    空気・土壌・牛乳・地場野菜・お魚・市長
    スポンサーサイト

    コメント:
    この記事へのコメント:
    No title
    土壌は元々吸着能力を持っているため、雨が降れば深部へ染み込み、さらにその途中途中でセシウムなどが捕獲されます。砂の場合は付かずに、そのまま地下水まで流れてしまいますが。
    これらのことから、柏市としては「地表面から放射性物質が減少→人体に付着する量が減少」ということを言いたいのではないでしょうか。
    水をまくことには効果があります。放射性物質があるとするなら、それらの飛散の防止や上記したような土壌の吸着などが期待できます。
    柏市全体のことは断言できませんが、ある地域において測定し計算を行ったところ年間1mSvを超えない、といった結果を得ました。(自然放射線、医療放射線を除く空間線量365日分)
    もし測定器をお持ちでしたら、測定する際には透明なビニール袋に入れ、測定時毎に袋を変えてください。むき出しの状態では測定部を汚染し、常に値が安定しなくなる可能性がありますので。
    差し出がましいコメントをお許しください。
    2011/06/26(日) 15:39:31 | URL | #LkZag.iM[ 編集]
    土壌
    20ミリなど基準は福島県知事が上げてくれと要請したという話を聞きました。
    住民の安全より人口流出を避けたいようです。
    福島の基準が変わらないと周辺もそれに沿ってしまう自治体が多いですから、そちらを変えるのも大事だと思います。
    土壌は田んぼ1枚ごとに計らないとものすごくムラがあるようです。
    野菜なんてサンプルを抜き取って検査してるだけですからね。
    魚は痛むから検査してる間にもう出荷してるそうです。
    海底で固まって濃度が高いこともあるようなので、底にいる魚や海藻はヤバいと思います。
    鯨からも出ているし、買うとしたら日本海側でしょうか。
    2011/06/26(日) 16:13:50 | URL | paru #-[ 編集]
    計測方法
    コメントありがとーございます。

    確かに、1年で1センチ土壌深くもどりますし
    ほうれん草もあらったら放射線ひくくなりますし
    落ち葉もおなじだとおもうのです。

    でもセシウムが3年~30年消えないのはたしかなので
    あの柏市のHPだと
    「自然にまかせておけば大丈夫」というニュアンスなのが
    行政としては頼りなく思いました。

    放射線は急にきえないからこそ
    自治体は対策をして放射線量をさげてほしいのに
    「雨がながしてくれるさ・・・」を柏市がいうのは
    ちょっと悲しかったのです。

    計測はアルミ防御板2mm+ZipLock袋で
    メーカーの違う2つの計測器でやっているので
    値に関しては、それなりにまともな値が拾える環境を
    最近完成させましたので、一応みなさんに
    ご報告できる値は少し安定感のあるもので
    ご報告できると思います。
    2011/06/26(日) 17:16:51 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    paru さんへ
    あとで記事にしようかなやんでますけど。。

    今日 野田市にいったら本当にもう、パラダイス?みたいな線量でした

    いやー、本気で住民流出かんがえそうでしたよ。。。

    今日の記事でいいたかったメインは

    柏の土壌が飯舘村と同じ程度に汚染されているところが
    あるんじゃないか?という危険です。

    原発から近いところは、当然警戒されますが
    200キロはなれたところは、なんとなく安全じゃないか?という
    頭から全員が入るので、実は危険がみおとされてるんじゃないかと
    心配していたりします。

    魚は、まだ自然濃縮はじまっていないようですけど。。。
    海草や、イワシを主食とする魚などは危険ですよね。。
    イワシでもセシウムがあるのは確かなので
    食べて安全か?といわれたら、うーん?ですよね。

    日本海のお魚は安全か?といわれたら 安全です!なんですよねー
    2011/06/26(日) 17:38:55 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    No title
    はじめまして

    お役所の肩を持つつもりでもなく、他の方からもコメントされていますが、

    > 雨が降るたびに洗われて綺麗になってくよ

    > 雨で減少ってなに????セシウムが雨で消える的なすごい曲解
    > 結論として対策するのしないの?

    > 土壌は元々吸着能力を持っているため、雨が降れば深部へ染み込み、
    > さらにその途中途中でセシウムなどが捕獲されます。
    > 砂の場合は付かずに、そのまま地下水まで流れてしまいますが。

    ブログ主さんとされては、いざ除染が自治体や各地区などで
    始まったら、参加されるのでしょうか?

    福島県の学校では、保護者も含めて、学校の除染をした
    ニュースが先日ありました。

    もちろん、大部分の放射性ヨウ素がほぼ0になる6ヶ月後に
    なっていません。

    そこまで怖がられているのであれば、
    除染しようとして当然と考えるのですが。

    子供へなら親心と分かるのですが、
    CTなどでは、ホットスポットより高い線量の放射線量を
    10mSvを一度にあびるのに、大人でここまで怖がることが
    ある意味理解できません。
    2011/06/26(日) 23:49:13 | URL | ふと疑問 #LkZag.iM[ 編集]
    ふと疑問さんへ
    コメントありがとうございます。

    私の長文だらけのブログなので、過去記事探すのもひとくろうかとおもいますが、常に私ではなく子供の被曝のみを憂慮しております。

    西産子消 東産大消
    (子供に西の食材を、大人が東の食材を)
    とかんがえております。

    また、規模間によりますが
    柏全域の除染を自分一人がやりきる気概はもっておりませんが
    行政が、市民の力を得て真剣に除染にとりくむのであれば
    1市民に期待される以上の取り組みはしたいと思っております。

    レントゲンや同等線量ににつきましても過去記事にしており、同様に子供に関してのみの問題提起をしているブログ趣旨です。

    逆に大人が心配することは、風評被害の実態の1つと思いますし
    記事にもあります。私自身は水道水が汚染された日もその水でコーヒーを飲んでいました。
    2011/06/27(月) 00:18:08 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメントNo.1です
    返答ありがとうございます。
    確かに、もう少し具体的に行政が発表して下されば不安も少なくなりますよね。「雨が降ることによって地表面の放射性物質が土壌に吸着されます。これによって直接お子さんが放射性物質に触れる機会は減り~云々」ぐらいは載せて欲しいです。
    ただ、市役所の方にはそれほど詳しい人がいないのでしょうから、これが精一杯なのかもしれません。
    測定環境についてはしっかりと対策をなされているようでしたので、私の出る幕は無かったと反省、安心しております。今後も頑張ってください。
    当方、大学院で放射性物質の吸着などを学んでいる者なので書き込ませて頂きました。
    2011/06/27(月) 01:20:48 | URL | #-[ 編集]
    コメントNo.1ですさんへ
    コメントありがとうございます。
    市役所の人も僕と同じ素人ですからねー。
    最初の頃は、市のページも僕のブログもかなり不勉強でした。
    一緒に成長して、最後は同じ結論に辿り着きたいですね。
    僕らは予算も考えずに好きなこといってますし、市は予算に縛られて正しいと思っても言えてないかもしれませんし。。
    あ、あと放射線のご専門のかたでしたら、記事の不備やまちがい、アドバイスなどお願いします。
    私は、正しいことを書いて、まちがっていれば、直ぐになおす!をモットーにしてます。

    2011/06/27(月) 10:34:45 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    No title
    > 私の身体という観点では問題視しておりません。

    承知しました。また、失礼しました。
    プロフィールの「夫婦そろってすでに外出恐怖症」とは、
    お子さんに対してのことだと考えます。

    > 大学院で放射性物質の吸着などを学んでいる者
    > なので書き込ませて頂きました。

    という方もいれば、一部マスコミ(マスゴミ?)の
    コメンテーターの様な「騒ぐだけ」が嫌いなので、
    コメントしてしまいました(このコメンテーターの"放射能"の知識は…)。

    確かに、最近、(別の)一部マスコミでは、放射性物質を吸着する
    物質の報道がようやく出てきました。

    私見としましては、一地域の除染を個人がやるべきでは
    ないと考えます。また、公務員さんの肩も持つつもりでも
    ありませんが、公務員だけに任せるのも(コスト面でも
    一個人の放射線量負担だけも)問題と考えます。

    「広大な面積であれば、地域の清掃の様に多くの作業者で、
    一個人が年に1回の休日にでも、作業する方向性であれば、
    線量低下への道はあるのでは?」と考えます。
    東電の肩も持つつもりでもありませんが、
    清掃する人にお金を払うことは、結果的に電気料金に
    しわ寄せになるとも考えます。

    もちろん、無理はされないで下さい。

    私がもし農地の様な広大な土地を持っているのであれば、
    その報道にある特殊な薬剤でなくても、市販の凝集剤も
    含め、放射線量の低下を検討します。
    凝集剤を使わなくても、(1)上層の地面を水で攪拌,
    (2)土の沈降を少し待つ, (3)上澄み及び少し上層の土を
    別層へなどと、私の素人考えですが、放射性物質の分離は
    少しずつでも…。

    もちろん、下水に流せば下水処理場への影響はあり
    (ご存知の様に既に出ており)、本来なら分離がベター
    ですが、「放射線管理区域になっていないのであれば、
    下水に流しても」と考えてしまいます。
    →御免なさい。下水処理場で働く方々。でも、報道では、
    適宜の管理はされている様でした。
    2011/06/28(火) 07:11:24 | URL | ふと疑問 #LkZag.iM[ 編集]
    No title
    > 福島県の学校では、保護者も含めて、学校の除染をした
    > ニュースが先日ありました。

    もちろん、先生方と、多くの保護者の方々で、除染を
    されている映像でした。
    2011/06/28(火) 07:21:34 | URL | ふと疑問 #LkZag.iM[ 編集]
    ふと疑問 さんへ
    まずは、心あるご指摘をいただきありがとうございます。

    線量計は1個4万円とかします、個人での計測も本来したくなかったですし
    なぜこのようなことをしなきゃいけないのか?と
    つくづく思います。
    うちはそんなに裕福じゃないです。僕は、、、他にほしいものもあります。
    しかし、お住まいのお家がどこにあるかわかりませんが
    当時、市川の線量計のデータは信頼に足らず、
    柏にすんでいる僕らは自衛のために買いました。

    線量計の計測は、公的機関がその値だけを元に線量の高い低いを決めたのであれば
    それはなにかしらの指摘があっても仕方ないと思います。
    あくまで傾向をみる為のものです。

    柏にはゴミゼロの日がありますね。だから、ご指摘のとおり放射能ゼロの日なども設定して
    年に1回、除染を市民全員で共有し、実際に行動して意識する日があってもいいかもしれませんね。

    柏の土地の除染は、これも子供にターゲットをしぼって
    せめて幼稚園・保育園・小学校だけでも対策してほしいですよね。
    印西の調査や民間の調査では土壌汚染はあるとわかったので
    いくらなんでも、柏の土壌問題なしで終わってほしくないです。

    高い方法でなくても疑問さんのおっしゃる方法でも、何かしら
    対策はしてほしいんですよね。

    下水は、、、まだ十分に調査していないので
    なんともむずかしいのですが、スラッジプラントでは半減期の短いテルルが検出されたとかみました。

    除染を訴えるときに、費用面の考慮も確かにすべきかとおもいますが
    一応、大本の国の国債のバランスも記事にしてあります。(結論としてお金ないんですけど)
    2011/06/29(水) 00:24:49 | URL | こーちゃんパパ #-[ 編集]
    コメント:を投稿する
    URL:
    コメント:
    パスワード:
    非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック:
    この記事のトラックバック URL
    この記事へのトラックバック:
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。