福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 04«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • 31
    • »06
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2011-06-14 (火) | 編集 |
    千葉、茨城で土壌から通常の400倍セシウム 筑波大調査
    福島第1原発事故で筑波大は、福島県と首都圏東部の土壌汚染地図を独自に作製した。原発から200キロ近く離れた茨城県や千葉県の一部の土壌から、通常の400倍にあたる1平方メートルあたり約4万ベクレルの放射性セシウム137が検出された。健康に影響がないレベルだが、放射能汚染が広範な地域に及んでいることが裏付けられた。

    でその土壌汚染マップとマッププロジェクトの融合

    まさに、
    火の無いところに煙は立たない。
    セシ無いところでガイガー鳴らない


    セシウム管理区域想定

    4万ベクレルって、、、
    飯館村=柏
    ああ、イイダテっていう村とおんなじくらいなんですかね。
    ん?。。。。危険?

    空間線量の高いところ=セシウム濃度の高いところだとすると
    ある程度の絞込みができるかもしれませんね。
    2011-06-13 (月) | 編集 |
    放射能汚染後に限って、風評被害から始まって、地産地消とか千産千消という言葉が使われだした。
    実際にこれが原発前であれば、いいキャンペーンなんです。

    しかし、千葉に住む私たち親の心情としては、
    子供に千葉さんの野菜や魚を食べさせることはNo!なわけです。

    といって、これまでは私達はやられるばかりで(森田健作事件参照)
    なんら反撃というか、相対する私達の旗印を持ちえていなかったわけです。

    人が何かのもとにつどい、意思統一をするには
    多くの人々の声を集めること、そして明確な対案(反対意見)が必要なのです。

    そこで、一生懸命考えてみました。
    私達、「2次被災地・東葛」で放射能にまみれた地産地消から子供達を守るキーワードです。

    西産子消 です


    [READ MORE...]
    2011-06-13 (月) | 編集 |
    柏市含む6市が調査してなんか見解だして、できるところから対策する。
    そんなニュースが我が家の敏腕調査員(嫁)から飛んできました。

    柏市

    なんだかあやしいんですよね。。。

    上記は、計測後に
    東葛地区放射線量対策協議会において(の中のメンバー)
    専門家の指導・助言をいただき、協議会において判断
    とあります。

    そして、その専門化は以下3名です。
    彼らは急に専門家になったわけではないので
    すでに、公的に自分の放射線に関する考え方を発表しています。
    それを調査すれば、見えてきますよ。黒い複線が


    [READ MORE...]
    2011-06-10 (金) | 編集 |
    実は、柏市長へ直接メールを出すことができるようです。

    皆さんもぜひ、市長へ親としての思いをぶつけてみてください!

    柏市長への手紙
    http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/020300/p004471.html

    前回の森田健作 玉砕事件があって、直接行動することにしました。


    除染の取り組みと正しい情報開示に関してのお願い

    秋山浩保殿

    柏市に住んでいる5ヶ月の子供の父親です。
    まず、柏市の独自の判断による放射線の調査・情報開示についてお礼申し上げます。

    2点お願いがございましてメール差し上げました。
    1点目は、柏市のHP上に記載されている「各幼稚園の放射線量は、文部科学省が示している校舎・校庭等の利用判断における暫定的な目安(1時間あたり3.8マイクロシーベルト)、さらには、放射線量低減策を実施する場合の指標(1時間あたり1マイクロシーベルト)を下回りました。」という文言についてであります。
    3.8マイクロシーベルトの基準はICRPの勧告によるものであり、事故後の時期に管理された区域で1mm~20mmのうちで政府が決定できる値であると認識しています。
    しかしこれは前述の通り「管理された区域」であり、政府コメントでも福島県を指して使われているものです。
    千葉県は管理区域になっていないと思いますが、それであればICRPと法律によって平常時の0.114マイクロシーベルト(年間1mm)が適応されるべきであり、あたかも福島県の非常時の対策基準が千葉県にも適応されるかのような、違法となる掲載を公的機関のHPに掲載し続けるべきではありません。埼玉県や東京都・神奈川県の年間上限1mmというHPをご確認いただき、ただちに是正をお願いします。
    また、東大のコメントおよび市の見解として、現在の柏市の放射線量が「まったく問題ない」という認識としてHP上に示されておりますが、その根拠がどこにも示されておりません。年間で1mmを確実に超える空間線量による市民の被曝がまったく問題が無いのであれば、なぜ国はこれまでICRPを基準とし、被曝量1mm以下をまもってきたのでしょうか?
    この「まったく問題ない」という言葉は、国の放射線防護の1mmの基準に対する明らかな反対行為です。
    地方行政として、国の定めた基準を否定するような文言をHP上に堂々と掲載することは止めるべきです。
    国はまったく問題ない値を堂々と基準として制定するような愚かな代表機関ではありません。
    軽率に「まったく問題ない」という文言を使う柏市のほうがはるかに問題があるという認識です。

    2つ目は除染に関することです。
    年間1mmの基準を考えれば、1箇所で100万はかかる除染費用を市が負担することに対して予算の観点から難しいという部分は理解はできます。
    しかし、それであれば野田市のように県に対して要請をするべきであり、まちがっても「現在の値で問題ない」とHPに掲載するような「事なかれ主義」のような市の対応は止めてください。
    予算無ければ活動的無いことは誰しも理解できます。しかしその次の対応が野田市と柏市ではおおきく違います。問題から安易に目をそらさないでいただきたい。市がやらずして他に対策をできるところは無いのです。多くは市の持ち物なのですから、市民は県への要請を応援すると思います。市は民の代表としての機関であってください!毅然と正義を行ってください。
    予算は国の交付金と市民税からできています。市民も予算の担い手です!市民を黙殺し被曝を増長しないで下さい。
    こんな時代に子供を生まなければ良かったと思います。
    そして、柏市に住んでいなければ良かったと思います。
    子供を生んでよかった!柏市に住んでよかった!と思える行政であってください。
    伝わらないかもしれませんが心より、それを切望しております。柏市に住んでおり、子供をここで生みました。他にお願いするところは無いのです。

    ※野田市は正確には国に提言してるからすごいんですけど。

    市長への手紙

    願っているだけでは、結果は手に入らないから。

    にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 柏情報へ
    人気ブログランキングへ
    2011-06-09 (木) | 編集 |
    今日はまず、誤らなければいけません。

    私は仕事でしたので、今日は5ヶ月の息子と嫁さんの2人で
    地産地消キャンペーンにきた森田健作に会いに行ってきました。

    冒頭から
    千葉の震災で被災した生産者の人たちを前面にだした空気
    森田健作を見に来たミーハーのおばさん集団しかギャラリーがいない中で

    罵声を浴びせることはできず、
    最後に近くにいって「東葛地区の食品検査をやってください!」
    というのが精一杯だったそうです。

    IMG_0825.jpg
    IMG_0826.jpg

    家にかえってきてから大喧嘩です。

    僕「は?罵声のひとつも浴びせないで帰ってきたの???」
    嫁「私に捕まれっていうの?」


    結局のところ、過激な僕に比べて嫁さんは対極的といっていいほど
    マトモな人です。要は普通のお母さんなんだと思います。

    多くのミーハーなおばさんたちと、柏市民達は
    この状況にもかかわらず、並んで野菜をお買い上げしていったそうです。

    このブログは、嫁さんの為に始めました。
    しかし、結果としてそれが温度差を生んでいたようです。
    毎日毎日何時になってもかならず、ブログを更新し恐れずに意見を発信してきました。

    放射能と戦う、真実を追究し、柏を変えていく!そういう強い怒りで書き続けているブログですが
    今日は僕は仕事にいき、怒りを嫁さんに任せて、しかもその嫁さんのことを責めたのです。
    嫁さんがノイローゼにならないようにブログ書いたのに
    僕の強い思いが先走って、ノイローゼどころか攻撃するなんて本当に申し訳ないことです。

    嫁さんとの温度差をわざわざ作ることが
    子供の為になんらいいこととは思いません。
    両親が放射能で大喧嘩をしているようでは、放射能以前に基本ができていないのです。

    大人への放射能を心配しているわけではありません。
    子供への放射能の影響を心配しています。
    そして、放射能の前に、これが夫婦間で大きな問題となることは育児の観点で本末転倒なのです。

    ブログの趣旨という観点では自分は今日、何も結果を残せなかったと無力感を感じています。
    目の前で森田健作が地産地消キャンペーンをし、
    感動した市民がそれを列を成して買う
    。。。
    もう外部被曝だけで基準値を超え、1ベクレルですら体内に取り込めないというのに。。。
    森田健作は放射能の「ほ」の字も口に出さず「店頭に並んでいるものは安全です」と。
    こんなことが、まかりとおってしまうことに非常に憤りを感じます。

    結果を出せなかった人間があれこれ言うのは僕自身許せないのです。
    世の中は行動と結果のみです。僕は結果の出せる人間でありたい。
    本当に心から皆さんにお詫びしないといけません。
    そしてとても恥ずかしい思いでいっぱいです。

    行動と目的が正しく情熱があれば、必ず目的は達成できます。
    しかし、今結果を出せないということは方法論が間違っています。
    何か、方法論を見つけないといけない。。。。

    今日は権力と森田健作の圧勝でした、
    しかしいつの日か、必ず親の子を思う力が勝利する日がくると信じています。
    そしてかならず行政に行動をさせる日を実現させたいです。


    最後に食品検査に関する署名のご案内をさせてください。

    「食の安全と環境を考える会」
    柳沢典子さんという方が、柏市独自での食品の放射線測定に向けた取り組みを
    なさっているとのことです。
    http://ameblo.jp/datsugenpatsu1208/entry-10906094906.html
    こちらのページをみて要望書に賛同いただければ幸いです。

    また、東葛ガイガー会というものも発足しているようです。
    いまや、ガイガーカウンターのデータは氾濫するほどになったようですが
    計測方法やデータの統合をすることでより正確なデータとなるでしょう。
    こちらに詳細がございます。
    活動は主にツイッターのハッシュタグ(何でもいいのでつぶやきのさいごに #tkgg と入れるだけ)を入れるだけです。

    どちらも僕ら個のちからを結集する活動です。
    あきらめず、今後も戦っていきましょう。今日は本当に申し訳ありませんでした!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。