福島第一原発から漏れた放射性物質が北風にのって東葛にさしかかったとき、無残にも雨雲とぶつかりました、そして生まれたのがホットスポット柏市です。
    • 05«
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • 6
    • 7
    • 8
    • 9
    • 10
    • 11
    • 12
    • 13
    • 14
    • 15
    • 16
    • 17
    • 18
    • 19
    • 20
    • 21
    • 22
    • 23
    • 24
    • 25
    • 26
    • 27
    • 28
    • 29
    • 30
    • »07
    -------- (--) | 編集 |
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2012-10-05 (金) | 編集 |
    突然ですが、

    ワンワン隊 1周年!!!

    一年前の10月2日の記事を一緒に読み返してみたら、なんとまぁ泣けてくるほど逆風で孤独で
    でも情熱だけはあって、、、みたいなとこから始まってます。
    http://painringo.blog.fc2.com/blog-date-20111002.html

    1年前の自分が言っています。

    人の手で、ボランティアでやる除染には限界があります。
    でもやらなきゃ0.1ミリシーベルトも線量さがらないし、
    やることで市にも動いてもらいたいのです。

    最後まで全力で全力でやりぬいて、それでも市がうごいてくれなかったら。
    そのときに初めて何か他の事考えようと思います。


    これは、今はさらに町内会の人の積極的な活動もあって
    予想よりもかなり大きく膨らんだと思います。

    どんなに絶望的な状況でも、やらなきゃいけないときには
    結果は後から、まずは自分が行動するところからだと思います。


    さて、お知らせです。
    柏駅をみんなで除染しましたが、

    今度は柏の葉キャンパス駅を一緒に除染しましょう!

    詳細は後日柏の葉ナビに掲載されるようです。
    http://kashiwanoha-navi.jp/

    10月20日(土) キャンパス駅ロータリーにある
    UDCKという1階建てのホールがあるので
    そこに09:00集合です。
    (道具類など一切不要です。服装だけ長袖長ズボンで、動きやすい靴でお願いします)
    ※主催は地元の自治会さんなどです。

    自分もららぽーとついでにお散歩するエリアです。
    人も他人もなく、やっていけば、というよりそうでなければ
    この「放射線対策」の問題は絶対に解決しないです。

    誰かが何かをやってくれるのをまち、方法論を議論しているだけでは
    なかなか進まないところがあって、福島以外のエリアはさらにその傾向があります。

    でも、どこに住んでいて、状況がどうで。。。というのに振り回されない方法があります。
    自分で行動することです。

    長くなりましたが、そんなわけで今一度みなさんと柏のクリーンアップ作戦をできたらうれしいです。
    柏にすんでる人、縁のある人、ボランティアするぜっ!っていう人
    一緒にがんばりましょう!!!




    ↓↓↓今日の番外編は、民有地の除染、とりあえずやってみようぜ!でやってみたときの動画です。

    [READ MORE...]
    2012-09-10 (月) | 編集 |
    P1060846.jpg

    僕が思うに、除染は7割で勝ちと思っています。

    どうしたって、やり切れるものではないし
    完璧な除染には、見合わない労力とお金もかかります。

    なのでボランティアでやるときは完璧を最初から目指さないのがいいとおもいます。

    その代わり少したってから、再度計測して、必要があればもう一回除染もします。

    こういうこと、普通にできるのがいいです。

    柏だからどうこうではなく、必要なことをそこにすむ住民が
    当たり前にできる、行動を行政も支援してくれる。

    詳しくはワンワン隊のブログに結果もありますが
    少なくとも豊四季台児童センターを使っているお子さんをお持ちのパパ・ママが
    いらないことで不安にならないようにしてきました。

    こういう動き、実は柏でどんどん広がっています。
    町内会も行政の除染も、みんな同じ方向をみて数値が実際に
    子供のいる場所から下がっています。

    だから、子供に積算線量計を持たせてみて下さい。
    当初言われていたような、年間何ミリというレベル感ではなくなってきました。

    市長さん、放射線対策室の方、松清さん、町内会の方、農家の方、商工会の方
    議員さん達、こども会や学校関連の方、
    最初はいろいろな違いもあったけど、今は1つにまとまって、見え始めたゴールに進んでいます。

    最初から不思議でしたが、なぜこれだけ優秀な人がいる柏が出来なかったのか
    それは今も不思議ですが、ともかくこれだけはいえます。

    今、遠くに見ていたゴールが近くまで来ています。
    走っているランナーも数え切れないくらいになりました。

    2月から、小さいけど確実に歩み始めた安心へのロードマップ

    自分の事として考えてくれる人、
    悩むよりも行動してくれる人が柏市にはたくさんいました

    僕達もそれが確固たる安心になるまで
    今回の未曾有の危機を、パパとママたちはがんばって乗り越えたんだよ、
    と子供にいえるように
    あと少しの間、継続は力なり でがんばろうと思います。

    2012-08-21 (火) | 編集 |
    ICDTnagareyama さんで
    初めての市民除染が行われるということで
    お手伝いに行ってきました。

    何事も恐れずに1歩を踏み出せば、成しえることだと分かりました。
    http://blog.livedoor.jp/icdt/archives/6543393.html

    柏市と同じようにそこに住んでいる人がいて
    そして柏市と同じように、除染で線量が下がれば
    安心してくれる人がいる。

    それだけで行動する理由には十分だと思いました。

    次は、豊四季台児童センターの再計測&ミニ除染です。

    土日に子供の為にちょっくら体動かすかー!という方がいましたら
    ぜひお手伝い下さいませ。



    2012-08-12 (日) | 編集 |
    去年の10月から走り続けてきましたが、暑い夏は作業を回避して
    ワンワン隊は現在夏休みを頂いております。

    その間にこれまで除染をしてきた場所の
    再計測とか必要であれば、ミニ除染をしていこうと思います

    で、7月は
    しこだ児童センターのミニ除染を行ってきました。


    この場所は、ワンワン隊と柏市の両方が除染した珍しいコラボモデルです。

    でかいところは、行政の重機で除染してもらって
    細かいところは僕達ワンワン隊でやったようなイメージになります。

    それで、除染から半年たって思ったのですが
    大規模な除染というのは土の表情を変えます。
    放射性物質は土や細かい砂にくっついていますので
    そういうものが移動していないかをチェックして、対応する必要があります。

    今回の再除染はそういういみで、大雨などで
    局所的にできたスポットなどを、前回の除染でとりきれなかった部分も含めて
    やってきました。

    もはや除染に関しては、だいたい見るだけでどうしたらいいかわかるくらいになってきましたが
    でも、暑さだけは別です。
    本当に暑い中で長袖+厚いマスクをつけて重労働をするのは大変です。

    今回学んだのは夏場の暑い時期は作業をしないということと
    もしやるなら、半そでの上着+休憩を30分間隔でいれること
    です。

    なにより効率的に作業することは経験をつみましたが
    この暑さ。。。。いかんともしがたいですね。

    現状、柏市の除染の主体はそれぞれの町内会さんと、柏の除染アドバイザーさん
    放射線対策室さんなどへうつってきています。

    町内会さんが、暑い中毎週本当にがんばって除染をしてくれています。

    柏市という町は、この問題に対してみんなが立ち上がり
    そして行動することを中心にしてくれました。

    本当に柏市の全ての皆様、
    一緒に汗を流してくれている皆様
    パパさん・ママさん。
    ありがとうございます。


    18日にshinさんでワンワン隊の中締めお疲れ様会をしようとおもいます。
    そして、今月は豊四季台児童センターの再計測を予定しています。

    みんなで行動できたこと、そういう街であったことに
    今は心から感謝しています。

    無理かもしれないこと、それでもやること
    想いが一番強ければ、願いは必ずかなうと思います。

    20120624_102011.jpg
    ※写真は市民150人が参加してやった「柏駅前、夏祭り前の除染作戦」の様子
    2012-07-02 (月) | 編集 |
    これまでのつなかしの インタビュー系の動画をまとめてみました。
    放射線のことや、除染などの知識を勉強する 「知識編」はわんわん情報局に
    実際にその知識を除染に使って結果を出す 「実践編」はワンワン隊のブログにあります。

    免許をとるときに教習所でよく言われました。知識と実践は車の両輪だと

    でもそれだけじゃ足りないと思いませんか?


    僕は、どのような事であれ、最後に全てを左右するのは「人」だと思っています。

    柏市の話ではありませんが、【国をみて人を見ない】ような除染計画や除染、発言や行動を耳にするたびに思うことがあります。

    何億円の国家予算をつけようとも
    どれほど、最優先!最優先と言おうとも
    そこに住む人を思い、悩みを本当に共有し、絶対にやりきろう!と思っていなければ
    ”住む人に必要とされる”放射線対策なんかぜっっっったいに出来ない。



    そういう意味で、柏市の放射線対策室のメンバーは愚直に黙々とやるべきことをしてくれているし
    意見だってちゃんと聞いて反映してくれていると思います。
    国ではなく市民に近い放射線対策であってくれてよかったと思います。

    放射線対策を直接担当する対策室の「人となり」「思い」というのは
    僕らだけでなくても、皆さんにとってにとってものすごく大事なので、
    その人となり、考え方を知ってもらいたいと思いました。

    顔の見える行政とはいうものの
    40万人もいる柏市のどれだけの人が、放射線対策をしている対策室の人を知る機会があるのか?
    って考えるとそんなに機会はないはずです。

    なので、僕が変わりに対策室のメンバーの方にインタビューをしてきました。
    本当に市民にとって真摯に、真正面から放射線対策に向き合ってくれているのかどうかは
    この動画をみて、それぞれで感じ取ってもらいたいです。

    人の思いは言葉やその表情から伝わるものだと思ったので、インタビューは動画にしました。


    第3弾:それ、柳川さんに聞いてみよう!

    ※悩むよりまず行動に移す人です。いつも除染作業してるので市役所では会えません^^。
    今回は柏駅前の除染作業の後に時間を作ってもらってインタビューできました※

    第2弾:それ、野口さんに聞いてみよう!

    ※対策室の中でも異色の?情報発信を担当されている方です。
    仕事が早くて即座にいろんな手配とか調整をしてくれます。そして対策室唯一のママさん※

    第1弾:それ、松澤さんに聞いてみよう! [ 親として / 根戸の件 ]

    ※対策室の中でも頼れる行動派のパパさんです。結構難しい判断も市民の目線でしてくれる人です※

    第1弾:それ、松澤さんに聞いてみよう![ 新参者 / ビジョン / 焼却灰 ]
    ※インタビュー中に、草木は燃えるゴミで出せますとありますが。7月から変更になっていますので
    ご注意下さい。草木はわけて別の日に出すようになりました。



    第1弾:それ、松澤さんに聞いてみよう! [ ストロンチウム / 本気度(真偽) ]


    第1弾:それ、松澤さんに聞いてみよう! [ 除染計画の弱み / エンディング ]



    そして7月下旬に公開のインタビュー企画 最終回は
    それにふさわしい超大物が登場します。お楽しみに。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。